【これで解決】厳しい上司との5つのウマい付き合い方

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

厳しい上司っているよね。

 

けど残念なことに、上司って選べないんだよね!

(※法を越えてしまっている場合は除く)

 

ってなると、うまく付き合っていくしかない!

ちょっと付き合い方を変えたら、ビックリするくらい上手く付き合えるようになることもある。

 

転職なんかを考えるのは、今の付き合い方を変えてみてからでも遅くはないよね。

まずは今の付き合い方を考えて、それをちょこっと変えてくことを優先しよう。

 

ってことで今回は、「厳しい上司とのウマい付き合い方」を経験者目線で語っていくね!

なぜ、その上司が厳しいのか?

大前提として、なぜその上司が厳しいのかは絶対に知っておいた方がいいよ。

 

保身と愛情。

 

厳しい理由はこの2つに大別される。

 

保身しか考えていない上司には、こちらもそれ相応の対応をした方がいい。

本気でついていって、いざというときに自分の身を守るようなことしかしないからね。

 

本気でついていって疲弊してしまうのは、あまりに人生もったいない。

逆に愛情が強い上司は、仕事のスキルや成長を考えたら厳しくてもついていった方がいい場合もある。

 

まずは、あなたの上司がどちらに該当するか、キッチリ観察しよう。

判断基準の1つとして「ミスを部下に押し付ける」などの責任をとりたがらない姿勢というのがあるよ。

厳しい上司に何があってもついていく

愛情をもって部下を育ててくれるタイプは、無骨でも愚直についていくという意思を見せたら上手くいくことがある。

 

だからあなたがその上司を尊敬できると思うのであれば、安いテクニックに頼らず無骨でも愚直についていくというこの方法をオススメするよ。

少なくとも、その上司についていけば上司に近づいて上司のようになれるワケだからね。

 

安いテクニックじゃない分、上司と衝突してしまうことも多いけどその分、得るものも絶大。

そこらの安いテクニックでは得られないほど、大きいものを得られるよ。

 

尊敬の念がないのであれば、この方法は失敗しやすいからやめておいた方がいいけどね。

厳しい上司をウマくかわしていく

このスキルはつけるのが難しいけど、かなり使える。

 

特に、保身や威張り散らしタイプにはとても有効な手段だ。

保身、威張り散らしタイプの上司に無理やりついていっても、自分が疲弊してしまうだけだからね。

 

ウマくかわしていくための方法は、話を聞きつつ誰かに話をふったりウマくさりげなく他の仕事をする、などだ。

手数をできるだけ、もっておこう。

 

時と場合によって、使い分けられるようになったら最高だね。

厳しい上司にその場だけ合わせる

その場だけ、適当に合わせる。

とにかく合わせる。

 

ついていこうと決めた上司に、この方法をやるのはやめた方がいい。

後々、話の整合性が取れず適当に返事をしていたのが、バレることがあるからね。

 

ついていこうと決めた上司の信用を失墜させるような行為は、なるべく慎みたい。

なので、これはある意味最終手段かもしれない。

厳しい上司に礼儀正しく接する

接し方が厳しい上司の周りには、接し方が苦手で適当に接する部下や後輩も多いモノ。

 

そんな中でも自分だけは、どんなときも礼儀正しく接する。

すると、それだけで上司から見たら見え方が違ってくる。

 

仕事に厳しい上司の印象は、仕事以外のところでもよくできたりする。

ただ丁寧に接するだけで印象をよくできるなら、これほどいい手段はないよね。

 

厳しい上司と距離を縮めていく

厳しい上司は、仕事オンリーであることが多いからなかなか仕事外での関係を作れない。

 

けど、少しずつでもいい。

世間話や雑談をしてみよう。そして上司のパーソナルな部分を知ろう。

 

これが積み重なれば、上司と心理的に近くなる。

仕事的にも心理的にも近づいて、ウマく付き合っていこう!

厳しい上司との付き合い方・まとめ

それじゃあ今回紹介した「厳しい上司とのウマい付き合い方」をまとめておくね。

 

  • まず「なぜ、その上司が厳しいのか?」を考えよう
  • 厳しい上司に何があってもついていく
  • 厳しい上司をウマくかわしていく
  • 厳しい上司にその場だけ合わせる
  • 厳しい上司に礼儀正しく接する
  • 厳しい上司と距離を縮めていく

 

どれが正しいってものじゃないから、時と場合によってうまく使い分けよう。

手数を増やして場数をふめば、いつの間にかうまくなるのさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です