【経験者が語る!】引きこもりのメリットとデメリット

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

どうも、癒し系引きこもりを目指しています。けいです。

引きこもりを続けて早、5年目。

どんどん社会から離れていく。
けどもちろんいいこともある。

引きこもるとどうなるのかなどの体験談を交えながら、ガチ経験者が引きこもりのメリット・デメリットを語っていく

引きこもりのメリット

時間が無限大

使える時間は無限大。
誰にジャマされることもない。

常に自由な時間。

ネットで仕事をしてもいい。
寝てもいいし、漫画を読んでもいい。

すべて、自分の時間として使える。

いつでも寝られる

ブラック企業社畜マンの頃のように寝る時間を削らなくていい。
好きなだけ寝られる。

いつ寝てもいいし、いつ起きてもいい。

今眠かったら、今寝ればいい。
睡眠時間の調整ができるのは一番のメリットかもしれない。

煩わしい人間関係がない

人間関係を選択できるっていうのも、特大メリット。

嫌な上司や先輩と付き合わなくてもいい。
というか、そもそも上司とか先輩ってものがいない。

煩わしい人間関係は切って、好きな人間関係だけ残せる。
好きな友人、家族、恋人など。

会社の飲み会なんてない

給料も出ない自費の飲み会…何が無礼講だよ…。

なんで上司をヨイショするのに、プライベートの時間を削らなきゃいけないんだよ。

なーんて思う会社の飲み会がない。
飲みたいときは、人を選んで好きなときに好きなところへ。

お金が減らない

飲み会を始めとするムダな付き合いがない。
遊びに行ったりもしない。

お金は好きなだけamazonに投資さ。
仕事の用品を自費で買うなんてブラックなこと、もうしなくてもいいんだ…。

各種手続きにいつでも行ける

土日祝日休みの一般的な社会人をやっていると、銀行や役所などの手続きになかなか行けない。

しかし引きこもりは、行きたいときに行ける。

わざわざ周りに頭を下げて仕事を抜けさせてもらう必要なんて、もうないんだ…。
(※有給休暇?なにそれおいしいの。)

荷物受取りをいつでもできる

ほぼ99%の可能性で家にいるからね。
たまに寝過ごして受け取れないときがあるけど。

そんなときは即、再配達余裕ですわ。

貴重な休みに受取り指定して、ずっと待っていなきゃいけないイライラをもう味わう必要がないんだ!
(※ブラック企業時代の月の休みは5~6日だった。)

一般的な社会人が享受できない圧倒的メリットがある

一般的な社会人と生活スタイルがガラッと変わるからね。

享受できないような、社畜マンは泣いて喜ぶような圧倒的メリットがあるよ。

ブラック企業勤めの人に、このメリットを言ったら目の前でボコボコにされそうだね。

引きこもりのデメリット

時間の管理がたいへん

時間をすべて自由に使える。

けど、それを自分で管理しないといけない。

学校や会社みたいな自分を律して矯正してくれるような団体に属してないからね。

なにもしてない、1円も稼いでないのに1ヶ月たってるなんてこと普通にある。
ずっと寝てただけ。

時間の管理には相当気をつけないと、どんどん堕落してしまう。

運動不足により疲れやすくなる

一般的な社会人は、通勤して仕事してって最低限の運動をする。
寝る時間も規則正しい。

だから疲れにくい。

けど引きこもると、その最低限の運動もなくなる。
睡眠時間が多くなる。

普通の睡眠時間では耐えられなくなるし、外に出るだけで疲れる体になってしまう。

1日どこかへ出かけただけで、体力の限界を感じたのはさすがにヤバイと思った。

免疫力が落ちる

疲れやすくなって、免疫力が落ちる。

最低限の運動もしないし、食生活も悪い。
体力が低下する。

すると、外に出るだけでカゼをひくようになる。
どんどん弱くなっていく。

今でこそ最低限運動をするようにしてるけど、引きこもり始めたころは出かけると「あぁ、今夜は体調崩すだろうな」なんて日中から思っていた。

世間の常識から離れていく

どんどん世間と離れた考え方になっていく。
情報源もインターネットが主なので、思考が偏りがちになる。

同世代だったら普通にできる生活の話ができない。
結婚とか子育てとか住居とか。

仕事関係の話もついていけない。

同窓会に行って話が合わせられなくてテキトーに「エヘヘw」ってするのは、けっこう辛い。

相手もきっと、僕が話できないのわかったろうなぁ。
あぁ、はずかしい。

コミュニケーション能力が低下する

コミュニケーションは、ほとんどネット。
友人や家族との会話も少ない。

どんどん人と話せなくなる。

話せたとしても、話せないのを隠すような勢い任せの話し方。
人見知りの人によくあるやつ。

ネガティブになる

1人で自問自答する時間が、ハンパなく増える。

答えの出ない考えたって仕方がないことを、延々と考える。
暇だからね。

すると、どんどんネガティブになっていく。
精神的にも疲れてどんどんネガティブに引っぱられる。

これはマジで気をつけてる。
引きこもってネガティブに引っぱられるのは、終わりの始まりだからね。

劣等感が強くなる

ネガティブに引っぱられて、社会常識とどんどん乖離して。

一般的な社会人がまぶしく見える。
羨ましくなる。あぁ、リアルが充実してていいな…。

それに比べて僕は…。

なんて具合にどんどん卑屈になる。

最高にヤバいときは、歩いてる人を窓から見るだけでその人に劣等感をもってたなぁ。

情報源のほとんどがネットになる

リアルのコミュニケーションをほとんど取らないからね。

ずーーーーーーーーっとネットばかり見てる。
自分に都合のいい情報しか取らなくなる。

都合の悪い情報は見なかったことにする。

ネットの情報を鵜呑みにする

マスゴミ(笑)
テレビとか嘘ばっかり(笑)

ネットこそが真実だ!

なんていうネット初心者の中学生みたいなことになる。

ちなみに、僕のおもな情報源は、2chまとめだった。
うわぁ、痛いオトナだな…。

だから最近では、ニュースサイトをいくつか見るようにしてる。

性格が攻撃的になる

情報源は、ほぼネット。
コミュニケーションも、ほぼネットでそれも文字が主体。
世間の常識から離れて劣等感も強くなる。

すると、性格が攻撃的になりやすくなる。

2chで匿名だからってイキッてたら地の性格までそうなっていく感じ。
思考は性格や行動を変えるからね、怖いね。

気をつけないと、気づかないうちに性格が変わる。

人が離れていく

相手から離れていく場合もあるし、自分から離れていく場合もある。

相手から離れていく場合は、身分ありきの付き合いだったんだと実感させられて悲しくなる。
まぁ、引きこもりと付き合うメリットって相手にはないし、仕方がないのかな。

自分から離れていく場合は、たいてい劣等感から。
いっしょにいるだけで勝手にこっちが劣等感をもって疲れてしまうんだ。

孤独になる

人がどんどん離れていって、孤独になる。
思考も常識から離れて、孤独になる。

どんどん、1人になっていく。

孤独を極める。

引きこもりはデメリットもかなり多い

見てわかる通り、デメリットもかなり多い。
引きこもりは思いのほか、最高な生活ではないのだ。

普通の人が得られないメリットの代償として、とんでもないデメリットを受けている。

引きこもりは引きこもりで、悩みはあるのだ。

引きこもりには相当つよい意志とおおきな目的が必要

引きこもるなら、大きな目的と強い意志をもとう。」という記事でも書いたけど、目的・意志ナシに引きこもるとデメリットに引っぱられて頭がおかしくなっていく。

これが、社会不適合者が誕生である。
一度、社会不適合者になってしまうと社会復帰は難しい。

 

「引きこもりになりたい」なんてハンパな気持ちで言うんじゃねぇ!!

 

と、ガチ引きこもり5年生は思うワケです。では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です