ずっと使えるSEOやアフィリエイトの知識を学ぶ方法

初心者ブロガー
SEO、アフィリエイトの情報やテクニックってすぐ古くなっちゃうから嫌だね。
特に書籍なんかは、出た時点で書いたのがちょっと前になるからほとんど役に立たないよね。
けい
そんなことないよ。
僕はむしろ、あえて古いSEOやアフィリエイトの書籍も読むようにしているんだ!

 

どうも、ひきこもリーマンのけい(@keiesuz)です。

SEOやアフィリエイトの情報やテクニックはすぐに陳腐化してしまうよね。
めっちゃ使えるって言われてた方法が半年後には使えないモノになっていたりすることもある。

そんなことを経験しちゃうと、もう何を信じていいのか分からなくなる。どれを選んでいいのか分からなくなる。
もしくはとりあえずどんどん最新情報やテクニックに飛びついていくようになる。

何を信じていいか分からない。ちょっと良さそうなのにはすぐ飛びつく。
年頃のメンヘラな女の子かな?

冗談はさておき、ここでずっと使えるSEOやアフィリエイトの知識を学ぶために僕が提唱したいのが「あえて古い書籍を読む」ことだ。
この手法は、本質を学ぶ上で非常に重要なことだ。

ずっと使えるSEOやアフィリエイトの知識を学ぶ方法

SEO、アフィリエイトの関連本を新旧問わずに読む

10年前の2007年のアフィリエイトの本なんかを読む。
すると、ランキングサイトに登録しようとかディレクトリ型サーチエンジンはお金払ってでも登録しようとか書いてあるわけ。
こんなの役に立たないどころの話じゃないよね。

2017年にこれをやった方がいいなんて言ってる人は見たことないよ。
他にも役に立たないテクニックがズラリ。

何でこんなの読むの?読む意味あるの?って思うじゃん。
普通に考えたらね。

共通項を探し出そう

古ければ古い書籍ほど、陳腐化してしまった情報が多いのは間違いないんだ。
けど新旧問わず、共通して載っている内容も少なからずある。

例えば、ユーザー目線で役立つ情報サイトを作った方がいいとか目先のPVよりリピーターを確保することが大事だとか。
共通項は具体的なテクニックよりも抽象的で全体的な考え方として載っていることが多いね。

共通項に関する内容は、少なくとも今まで変化していなかった。(だから新旧問わず多くの書籍に載ってる。)
よって、その共通項はこれからも変化する可能性が低いと考えられる。

ゆえに、SEOやアフィリエイトで何より大切にしなければならないのは、見つかった共通項だってことが分かる。

なくなっていったテクニックの「なぜ?」を追求する

SEOと言えばリンクファーム!
リンクの質よりもとにかく量が大切だったって時代があった。

けどこのテクニックは淘汰されてしまった。
なぜって、無駄サイト大量生産してそこからリンク貼りまくってページの評価を上げるっていう検索順位の人為的な操作が出来ちゃうからだよね。

このように「なぜ?」を追及すると、検索エンジン側が時代とともに必要としてきたものが見えてくるよ。
そしたら最新テクニックを見た時に、検索エンジンの今までの傾向と照らし合わせて考えることが出来るようになるんだ。

すると、戦略もなく手当たり次第に最新テクニックに飛びつくってことがなくなるよ。
手あたり次第に最新テクニックに飛びついて、すぐに陳腐化してしまってまた飛びついてなんてやってたら、とんでもない労力の無駄が生まれちゃうからね!

最後に最新テクニックを学んで取り入れる

SEOやアフィリエイトの歴史から学んだ共通項、傾向を軸に最新のテクニックを調べて、陳腐化しないと考えられるモノだけを取り入れていこう!
ここまで来ると、非常に精度の高いSEOやアフィリエイトの戦略を立てられるようになるよ。

最新テクニックの効率的な収集方法

自分より情報感度の高いブロガーやアフィリエイターのtwitterをフォローして定期的に目を通すようにしよう。
そうすれば、自分から積極的に最新情報を収集しに行かなくても彼らが精度の高いフィルターをかけた上で流してくれる。
これは情報収集のすごい効率化になる。

一流の人らが必要・不必要を考えてくれてるわけだからね!
もちろん、情報収集と同時にそのフィルターも学べたらなおいいね。

歴史から本質を学ぶことって大切

今回の例はSEOやアフィリエイトだったけど、それらに限らずこの歴史から学ぶ手法は何にでも応用が利く。
小手先のテクニックよりも本質的なテクニックを身に付けたい場合に超有用だね!

みんなも試してみてね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です