【決定版】むかつく上司の対処法を学ぼう!

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

怒られているうちが華。
上司の方が正しい、立場を考えよう。
愚痴なんて無意味。

ちょっと何言ってるか分からない。

むかつくモンは、むかつく。

まぁ人間関係が退職理由のトップになるくらいだからね。
むかつく上司の1人や2人いて当たり前といえば、当たり前なのかも。

画像引用:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10│リクナビネクスト

けどちょっと待った。
むかつく勢いで事を荒立てても、いいことはきっとない。

勢い余って行動を起こす前に「むかつく上司の対処法」を学ぼう。

むかつく上司の対処法の大前提

  • 感情的にならない

感情的になったところで状況は変わらない。
いや、むしろ悪化する可能性の方が高い。

まずは冷静になって考えよう。

  • プライドで飯は食えない

超有能ならまだしも、平々凡々な能力の人のプライドなんて1円にもならない。
むしろ障害になることの方が多い。

何でもかんでもプライドを捨てるべきとは言わないけど、会社員の場合は持っていない方が事がうまく進むことが多い。

  • 会社にとって必要なのは仕事ができる方

会社と個人の感情は、無関係。
必要とされるのは、より利益を上げる方。

上司か部下かだったら、より多くの利益を上げるのは上司であることが多い。

自分にプラスになる対処法

  • 別のことでストレス解消をする。

会社とは無関係のところでストレスを解消する。
うまく会社や自分の感情と付き合っていく。

  • 甘いものを摂取して心を落ち着かせる。

意外と効くんですよ、これ。
甘い物を適度に摂るのは、ストレス解消効果があるそう。

しかし摂取のしすぎに注意。

  • 相手のいいところを見つける。

むかついてる状態では、なかなか難しいかもしれない。
けどそれができたら、一気に状況が改善する可能性もある。

  • 反面教師にする。

「コイツのようにはならねぇ!」って思ってるだけじゃダメだぞ!
観察に観察を重ねて、絶対にならないようにするんだ。

そうすれば、自分が上司になったときに役に立つ。

  • 自分の感情を観察する。

自分を観察することで、自分の怒りポイントが分かる。
他にも同じような人がいたときに役立つ。

自分の観察は、一生モノ。

  • スキルアップの一環と考える。

すべてをひっくるめて、スキルアップの一環と考える。
どんなにムカついてもスキルアップ!

この考えは度が過ぎると、過労で倒れてしまうので要注意だ!

  • 建前では気に入られるようにする。

ゴマすりというやつだ。
気に入られてしまえば、上司側が変わってくれるかもしれない。

気に入られておいて、損なことはない。

  • 従って従わせる。

一見、従っているように見えるが、主導権はこちらが握るという方法だ。
これは難易度がめちゃくちゃ高い。

しかし手のひらで転がしているので、気分がいい。

  • 仕事の結果で黙らせる。

結果さえ出してしまえば、上司を黙らせることができるだろう。
しかし結果を出し続けるプレッシャーに圧し潰されてしまう可能性もあるので、注意だ。

  • 上司より出世する。

上司の上司になる、ということだ。
むかつく上司が無能な場合は、これが良いだろう。

しかし上司が有能な場合や会社の出世の枠がそもそもない場合は、厳しいかもしれない。

自分にプラスにもマイナスにもならない対処法

  • 最低限しか関わらない。

仕事で必要なときにしか関わらない。
マイナスもないがプラスもない。

現状維持ということだ。

  • 視界に入らないようにする。

視界に入らないようにしてもいるものは、いる。
むかつく上司は、そこに存在するのだ。

その場しのぎでしかないけど、その場しのぎにはなる。

  • 社外の人間に愚痴る。

愚痴は楽になる。
けど生産性がないことが大半だ。

愚痴を吐いて楽になりつつも、生産性のあるプラスな方法を取るようにしよう。

  • できる限り距離を置く。

距離を置いたところで、上司は自然消滅しない。
彼氏じゃないんだからな!

しかし心の安堵は保たれる。

自分にマイナスになる対処法

  • 上司の言うことを聞き流す。

ムダなことは聞き流してもいい。
けど、常に聞き流していると大切なことを聞き逃してしまう。

すると仕事で失敗をやらかして、さらに上司にムカつきかねない。

  • できる限り避ける。

距離をおくのはいいけど、避けるのはやめよう。
避けてしまったら、現状維持どころか悪化する未来しか見えない。

少なくともプラスになることは、ない。

  • 社内の人間に愚痴る。

社内の人間に愚痴ると、それが本人に伝わってしまう可能性がある。
愚痴が伝わってしまったのに、自分がそれを知らないなんて言う状況になったら最悪だ。

愚痴るなら、仕事とは無関係な社外の人間にしよう。

  • 完全に無視する。

あくまで相手は上司、という前提をお忘れではないだろうか。
小学生同士の喧嘩でもこれは悪手なのに、それを上司にするなんて愚の骨頂。

無視なんてしたら立場は悪くなる一方だ。絶対にやめよう。

  • 弱みを握る。

恨みを買うような行為はやめよう。
たとえ表面上うまくいったとしても、どこで爆発するか分からない。

それにこちらの粗探しをされる可能性も高くなる。

  • 殴るなどの暴行を加える。

傷害罪などで訴えられてしまう可能性がある。
訴えられなかったとしても、その後の空気は最悪だ。

手をあげるのは、枕だけにしよう。

最終手段

  • 上司より上の人間に報告する。

報告すれば万事解決というわけではない。
会社の体質によっては、上司が悪くとももみ消されてしまうこともある。

上の人間、会社の体質を見極めてから行動に移ろう。

  • 異動願を出す。

会社にいろんな部署がある場合は、この方法が有効だ。
この方法を取る場合は、上司がむかつくからという本音を悟られないように注意しよう。

悟られたのにも関わらず、部署異動がかなわなかった時は空気が最悪なものになる。

  • 転職する。

最も簡単で楽な方法。
上司にむかつくということを悟られようがなんだろうが構わない。

しかしこれは麻薬のようなもので、転職癖になりかねないので注意だ!

  • 労働基準監督署に駆け込む。

上司がムカつく理由が、パワハラやセクハラなど法的に問題があるものだった場合に有効だ。
注意点は、闇雲に動かないことだ。

下手に報告なんてしようものなら、もみ消されてしまう可能性がある。

むかつく上司に浪費・消耗しないように気を付けよう

むかつく上司に自分の大切な時間を浪費してても何にも意味がない。
ましてや、自分を消耗するなんて最悪。

人生は、一度キリ。
人生は、仕事をして過ごす時間が圧倒的に長い。
その仕事が、ムカつく上司が中心になるのはゴメンだ。
そんなのは、人生をムダにしているのと同じ。

だから一度、落ち着いてから自分ができる最善策を取ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です