【驚愕】浜松のうなぎコーラっていう得体の知れない飲み物がヤバイ

The following two tabs change content below.
けい@うなぎブロガー
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。引きこもって稼いで月収3桁越えたことがある。静岡県浜松市出身。今はなぜか農業を手伝っている。浜松・仕事・30代のライフスタイルについて発信します。

浜松と聞いて思い浮かべる食べ物と言えば、やっぱりうなぎだ。

うな重、かば焼き、うな茶漬け、肝焼きなど、浜松には実にさまざまなうなぎ料理がある。

 

お土産品もうなぎパイを筆頭にうなぎ関連のものが多い。

どれもおいしいものばかりだ。

 

もちろん、僕は長年浜松市民をやっているだけあってほとんどのうなぎ系食品を食べたことがある。

しかし、そんな中で一度も口にしたことがないものがあった。

 

今回は浜松市民が初めて口にした「うなぎコーラ」を紹介するよ。

うなぎコーラとは

栄養成分(100mlあたり)/
エネルギー:41kcal たんぱく質:0g 脂質: 0g 炭水化物:11.3g 食塩相当量:0.00g

「うなぎ」と「コーラ」・・・・ありでしょ!

まさかの「うなぎ」と「コーラ」がコラボした新ジャンルの炭酸飲料。
食べるのではなく飲む!そんなうなぎもありでしょ。
土用の丑の日に、静岡のお土産に、夏バテのお父さんにも喜ばれそうですね。

引用元:うなぎコーラ│木村飲料株式会社

僕が買ったうなぎコーラは、210円だった。

うなぎとコーラの組み合わせ…。

 

絶対に合うワケないだろ!

 

と初見で見たときに思ったのですが、「浜松市民として飲んでおかねばならぬ!」という謎の使命感にかられてたので飲んでみることに。

うなぎコーラの味は

パッと見は完全に普通のコーラ。

 

だけど、飲んだらうなぎのかば焼きのタレのがするのか!?

いやいや、王道ないかにもなコーラで名前の割にたいしたことない味なのか!?

それとも、コーラとは名ばかりで全然別モノの新種な味がするのか!?

 

変わり種って、こういうのが楽しい。

 

いざ、試飲!

 

ゴクッ・・・

 

・・・!

 

ゴクゴクッ・・・。

 

・・・

 

・・・

 

軽めのうなぎっぽささわやかさを追加したコーラという感じ!

コカ・コーラよりはペプシコーラに近い印象。

うなぎコーラの原材料は

うなぎっぽくてさわやかな味の理由は、原材料にある。

基本的に、普通のコーラと同じ原材料でできている。

そして軽く、うなぎエキスが入っている。

 

ただ、普通のコーラと比較して甘味が若干強め。

ということで、甘くて変わったコーラが飲んでみたい方は、浜松にお越しになった際にぜひこの「うなぎコーラ」を飲んでみてくださいね。

うなぎコーラ以外の他の変わり種商品

うなぎコーラ以外にも、たくさんの変わり種飲料があるんだ。

 

そのうちの、静岡みかんサイダーと富士山サイダーを飲んでみた。

やはりどちらもさわやかな味だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です