田舎が嫌いで出たい人に必要なのは気持ちの深掘りと身軽な仕事

相談者
田舎は嫌い!クソクソクソ!とりあえずマジなんか出てぇわ~~!
ってかなんかぁ~田舎マジ、超つまんねぇ。
けい
もう「とりあえず東京行きゃなんかあるっしょ!」って年齢でもねぇだろ…。
まぁでもたしかに「田舎が嫌いで出たい」って人は多いよね。

けどそれって単純に田舎から出れば、解決するの?

 

どうも、ひきこもリーマンのけい(@keiesuz)です。

田舎が嫌いで出たい人っていっぱいいるよね。
僕も田舎が嫌いな人のうちの1人だ。最も、僕は一度勢いで田舎から出てしまったけど。

けどその悩みって、単純に田舎から出れば解決するの?
僕の経験から言うと、田舎が嫌だからとりあえず出たいっていうのは早計過ぎるね。

もう少し考えてみてからでも、遅くはない!
で、何を考えるのかと言うと、

「田舎が嫌いで出たい」って気持ちの深掘りをする

気持ちの深掘りをすると、自分の本当の価値観が見えてくる。

「田舎が嫌いで出たい」って気持ちをそのまま受け取って勢いで田舎から出てしまったら、表面的には問題は解決したように見えるよ。
だけどそんなものは、一瞬の誤魔化しでしかないよ。だってそもそも自分の本当の価値観が分かってないんだからね。

「自分は本当は何が嫌なのか、何を必要としているのか、何が欲しいのか。」

「田舎は嫌い!出たい!」のもう一段階、二段階深い部分を探っていくんだ。

例えば、田舎が(出会いがないから)嫌いで出たい。
このカッコの部分が自分の価値観だったとする。

田舎はたしかに出会いは少ないけれど、出会いは作れる。
今どきネットでも出会いは作れる。

それを無視して「都会は出会いが多い」を信じて都会に行ったって、いきなりいろんな人に出会えるわけじゃない。

他にも、田舎は(ダサい仕事しかないから)嫌いで出たい。
この場合も、田舎から出れば解決するわけじゃない。
田舎から出たらその人がカッコイイと思う仕事が与えられるわけじゃない。

それなのに田舎から出たって、そこにあるのは高い家賃と初期費用の明細くらいなモン。
そもそもこの人が思うカッコいいがよく分からないのに田舎から出たって、カッコいいモノなんて得られるはずもない。
カッコいいモノそのものが何か分からないんだから。

けど気持ちを深掘りしたら、この人が思うカッコいい仕事は田舎にだってある可能性もあるよね。

田舎が嫌いで出たいと思うんだったら、まずは気持ちを深堀りして整理整頓して、自分が本当に欲しいモノを考えるとことがうまく行くよ。
その結果、田舎から出る必要があるなら田舎から出ればいい。それは全然悪いことじゃないよ。
逆にちょこっと生活を変えれば価値観的に楽しめることが分かったなら、田舎から出る必要は全くない。

「田舎が嫌いで出たい」って思った瞬間に行動に出ることは、あまりに無駄が多い。

最悪なのは何も考えずに「東京行けばなんかあるっしょ!」

最悪なのはコレ。
何も考えナシに、ただ漠然と大都会東京に憧れてる状況。
典型的な上京した田舎者という感じ。

こんなのは、とりあえず都会でfuwafuwaしてカッコつけるために高い家賃を払ってるだけ。
最も頭の悪いヤツがやること(自戒)

街はいながらにして何かを与えてくれたり、悩みを解決してくれる”ナニカ”じゃないんだ。
漠然と、とりあえずで行動することは、あまりに無駄が多い。

ただ、身軽な仕事はしていた方がいい

自分の本当の価値観を考えた上で、田舎が嫌いで出たいって思った人の大半は田舎から出るために仕事を変える必要があるだろう。
しかしそんなこと簡単に出来ず、田舎に留まらざるを得ない人もいるだろうね。

自分の本当の価値観を考えた上で、田舎でもいいやって思えた人は仕事を変える必要はないだろう。
しかし価値観はいつ変動するか分からないよね。

仕事に制限されて自分の価値観を押しつぶすのは、生きている意味を感じない。
そうならないようにするために、仕事は身軽でいた方がいい。
仕事が身軽なら、いつだってどこにだって行けるんだ。

そこでしか出来ない仕事をしていたら、動きたいと思った時に身動きが取れない。
だから地理的時間的な制限を受けないいつでもどこでも出来る仕事をしよう。

「田舎が嫌いで出たい」って思ったのは、いいキッカケ

この気持ちをキッカケに、自分の本当の価値観を探っていこう!

すると、本当は田舎は嫌いじゃないかもしれないし、出たいわけでもないのかもしれない。
本当に必要として、欲しているものはもっと別にあるのかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です