月曜が憂鬱だと思うあなたができる11の対策

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

月曜日が憂鬱。

仕事、ダルい。ああ、なんで日曜よ、行ってしまったの。

 

そう思いながら、憂鬱な気分のままに会社へと向かう。

辛い。もうこんな辛く憂鬱な月曜日は嫌だ。

 

どうにかして、月曜日を憂鬱に感じないようにしたい。

月曜日が憂鬱に感じるのはあなただけじゃない。

たくさんの人が、月曜を憂鬱に感じてる。

 

twitterで「月曜 憂鬱」と検索すると、たくさんの人が月曜日を憂鬱に感じていることがわかる。

仲間がいっぱいいる。

ほしいのは、憂鬱な月曜日の解消・解決方法

気が楽に・・・、ならない!

ほしいのは、仲間じゃなくて解決方法

 

とりあえず仕事をやめれば、その場は解決できる。

 

けどいきなり仕事をやめて気分リフレッシュは、いささか早計。

なるべくなら仕事をやめずに、月曜日を憂鬱じゃないものにしたい。

 

そんな人がやるべき「月曜日の憂鬱解消・解決対策」をまとめてみたよ。

【前提】衣食住を整える

衣住はすぐに整えられる

衣食住を整えるのは、とても重要。

食は1日じゃ効果が表れないけど、衣住はすぐに整えられる。

 

きれいな服を着て、きれいなところに住む。

これは洗濯や掃除をコマメにすればいいだけ。

 

これだけのことで、サッと気分が変えられる。

日曜日に時間があるときは、部屋の空気を換える意味でも、掃除をやってみたらどうだろう。

 

食を整える。特に魚が効果的だよ

食は1日で身体的効果を得ることはできないけれど、激安で楽しむこともできる。

食を楽しめば、精神的な効果はバツグンだね。

 

生活が苦しい無職がたった202円で簡単に幸せになる方法がこちら」という記事に、202円で肉を調理して楽しむ方法が書いてあるからもしよかったら参照してね。

 

僕は定期的に魚を食べるようにしてるよ。

というのも、魚の脂はうつ防止と密接な関係があるからだよ。

魚を食べたら、すぐにうつが消えて気分爽快!ってワケじゃない。

けど食べ続けていけば、気分は変わるよ。

 

少なくとも僕は、魚料理を食べるようにしてからうつっぽい気分がだいぶ減った。

もちろん、魚以外の理由もあるだろうけどね。

 

このように衣食住を整えて、月曜日に臨むようにしよう。

【前提】規則正しい生活をする

早寝早起きをする。

キチンとした食生活を送る。

 

これだけで、気分はまったくと言っていいほどに変わるよ。

整えられるところは、どんどん整えていこう。

 

日勤、夜勤の繰り返しで生活リズムが狂いがちな職業の人のストレス度合いは高い。

そのことからも、規則正しい生活がいかに重要かがわかるね。

日光を浴びるのも有効

不足するとうつ病を引き起こす”セロトニン”という物質。

これは食事だけじゃなくて日光浴をすることでも得ることが出来る。
「日光浴をするだけで憂鬱な気分が変わる!」なんて言ったら意識高い系な感じがしてしまうけど、騙されたと思ってやってみて!
気分が本当に変わるから。

ってことを考えると、やっぱり人間は日中は日光に当たって暗くなったら寝る、という生活をした方がいいんだよね。
だからより多くの日光に当たるためにも夜はちゃんと睡眠をする規則正しい生活をするようにしよう!

引用元:【どうする?】仕事が憂鬱だと感じたときに、まず試すことリスト│ほぼ日刊ヒキコモリ

 

うつ防止対策としては、日光浴も有効だよ。

だまされたと思って、実践してみてね。

前提をキッチリとしてから、テクニックを使おう

こういうところをないがしろにして、小手先のテクニックで月曜日の憂鬱から逃れようとするのはよくない。

小手先のテクニックで月曜日の憂鬱が取り除けても、恒常的な憂鬱が残ってしまう。

 

それを月曜日のせいだと勘違いしたら原因がわからなくなって混乱してしまうからね。

前提をキッチリしてから、テクニックで月曜日の憂鬱を解消していこう。

 

そうすれば、月曜日だけじゃなくいつでもHAPPYになれるさ。

月曜日限定やること減らすリストを作る

月曜日限定のやること減らすリストを作る。

 

月曜日にやってもいいんだけどな~、来週の火曜日までにやらなきゃな~、次の火曜日までにやらないとな~。

こういうことをリスト化して、火曜日~金曜日にかけて計画的に消化していく。

 

すると、月曜日は”その日、もしくは月曜日”に絶対やらないといけないことのみが残るんだ。

これで、月曜日に”その日以外、もしくは月曜日以外”でもできることがなくなって負担が超絶減る。

 

残った”その日、もしくは月曜日”にやらなければならないことを、さらに時間で区切る。

これが月曜日の負担を、もっともっと減らすためのコツ。

午前中はできる限り負担をなくす

月曜は、憂鬱な気持ちのままに仕事してしまうことが多い。

すると心理的負担が大きいため、失敗もしやすくなる。

 

その心理的負担は、午前中がもっとも大きい。

週の仕事初めだしね。

 

月曜日に絶対やらないといけないことは、細分化して負担の大きい仕事を許す限りなるべく午後に入れるようにしよう。

それだけでも、だいぶ心理的負担が違ってくる。

月曜日に楽しい仕事を入れる

逆に「この仕事は楽しい!」って仕事があるなら、可能な限り月曜日に入れてみよう。

楽しい仕事を月曜日までとっておく、そんな感じ。

 

これをするだけで日曜日の夜の心理的負担が、雲泥の差。

月曜日の仕事は量が少なく、楽しいモノを!

 

もし、月曜日の仕事がどれもつまらないものというのであれば、「【経験者語る】苦手・辛い仕事を続ける4つのコツがこちら!」という記事を参照してほしい。

ここには「仕事から小さな楽しみを発見して、それを広げよう。そしたらどんどん楽しみが拡がっていく。」的なことが書かれているよ。

休日やりたいことリスト、やることリストを作る

休日のやることリスト、やりたいことリストの2つを作ろう。

 

やりたいことリストでテンションを上げる。

やることリストで確実な充実を。余裕があったらやりたいことをやる。

 

休日をムダに寝て過ごして、夜寝れない。

なんとか寝たけど、寝不足。

 

休みをムダにした感を胸に寝不足の中、無理やり出社。

なんてことを防ぐことができる。

 

平日、1週間かけて金曜日の夜に向けてゆっくり作っていこう。

 

あまり壮大なやることリストだと、実行できずに終わることがある。

なので、やることリストは気楽にできるもので埋めるのがコツだよ。

月曜日に予定を入れる

花金ならぬ花月!

 

月曜日の夜から楽しんだって、いいじゃない。

ってことで、月曜日の夜にあえて楽しいイベントを入れる。

 

別にたいしたことでなくてもいい。

映画見るとかカラオケ行くとか飲み行くとかその程度で。

 

これを楽しみに、月曜日を乗り切る。

 

楽しみがあるだけで気の持ちようが、まったく違う。

これが、金曜日の夜だと遠すぎるからね。

たまにサボる

まぁでも最悪、サボってもいいんじゃない。

サボらなかったとしても、これくらいの気の持ちようで日曜日の夜を過ごせば気が重くなることもない。

 

重すぎてダメそうだったら、サボればいいし。

何度もは使えないよ、本当にたまに。

 

年に数回なら、このカードを切ってもいいんじゃない?

そう思うだけで、日曜日の夜の心理的負担を軽くできるなら安いモノさ。

 

使う使わないじゃなくて、心のセーフティネットがあるないで考えよう。

心のセーフティネットがあるのは、だいじ。

 

もし休む場合は、以下の記事にベストな電話対応が書いてあるから参照してみてね。

【これで完璧】会社を休む電話のマナーとベストな手順【ズル休み・仮病】

週単位じゃなく、日単位で考える

週の始まりって、週単位で考えちゃうから辛くなる。

なら、日単位で考えてみようって話。

 

もうちょっとで昼休憩。もうちょっとで定時退社。

こんな感じ。

 

月曜日も、水曜日も、金曜日もぜんぶ一緒。

日単位で考えればね。

 

小さく小さく考えよう。

日曜日の深夜に深酒をしない

日曜日の深夜の深酒は最悪だよ。

ここまでの苦労が水の泡になってしまうレベル。

 

月曜日の朝に起きたときに、お酒が身体に残ってる可能性があるからね。

ここまで環境や状況を整えたのに、お酒のせいですべてパァ。

 

月曜日の朝、起きるのがめっちゃ辛い。

 

そうならないように、休みだからと深酒をするのは控えよう。

日曜日は睡眠をしっかりとる

睡眠は大切。

睡眠時間が少ない、睡眠の質が悪いと、憂鬱な気分になりがち。

 

月曜日はその他の要因で憂鬱な気分になることがわかっているんだから、せめて前日の日曜日の睡眠には気を配ろう。

早い時間から、いい寝具で、いい睡眠を。

 

詳しくは「仕事のストレスがやばいと感じたときは、まずコレをしよう!」の仕事のストレスの分類の”仕事に行く朝が辛い”という項目を参照してね。

これでも月曜日が憂鬱なら仕事が悪いと疑ってみる

これだけいろいろ対策しても、月曜が憂鬱ならその仕事自体が嫌になってる証拠。

一度、自分のやっている仕事を疑ってみてもいいのでは。

 

嫌な仕事をやり続けても、人生消耗しちゃうし疲れちゃう。

その仕事じゃなくたって、生きていくことはできる。

 

引きこもりだって、なんだかんだ言って生きてるんだから。

 

人生消耗して何のための人生だったか分からないようになるくらいなら、嫌な仕事なんてやめちゃった方がマシ。

そうしたら、とりあえず憂鬱な月曜はなくなるからね。

憂鬱な月曜日を変える・まとめ

それじゃあ今回の月曜日の憂鬱解消・解決対策」をまとめるね

 

【前提】

  • 衣食住を整える。
  • 規則正しい生活をする。

 

前提をキッチリと整えてから、テクニックを使うことが大切。

 

【テクニック】

  • 月曜日限定やること減らすリストを作って、1週間かけて消化する。
  • 月曜日に楽しい仕事を入れて、心理的負担を軽くする。
  • 休日やりたいこと・やることリストを作って、テンションを上げる。
  • 花金ならぬ、花月!月曜日に予定を入れる。
  • たまにはサボったっていいじゃない?究極の心理的セーフティネット。
  • 週じゃなくて日単位で考える。そうすれば、どの日も同じ!

 

テクニックを駆使して、月曜日の憂鬱な気分を解消しよう。

 

【日曜日に気をつけたい】

  • 日曜日に深酒をしない。すべてがポシャる!
  • 日曜日はシッカリ睡眠を取る!

 

日曜日の夜は、とくに気をつけたい!

ここで失敗したら、今までやった策がすべて無に帰す可能性もあるからね!

 

慎重に、だけど楽しく過ごそう。

 

こんな感じで、前提をキッチリと整えてテクニックを駆使して月曜日の憂鬱を解消しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です