3分で読める!このブログと著者について

引きこもり(5年目)だけど、実は僕「毎日、無給で鬼出勤」してるんだ。
引きこもりで毎日、無給で鬼出勤って意味が分からないよね。

引きこもりで鬼出勤なら在宅で稼いでるんだろうなって感じするけど、無給って!

どうも、ひきこもリーマンのけい(@keiesuz)です。

じゃあこれから、僕が無給で毎日鬼出勤するワケを略歴を交えて説明するね!

【ブラック企業時代】就職氷河期と最悪の買い手市場

僕が就職した頃はリーマンショックが起きて、就活状況はバブル崩壊直後並みの買い手市場だったね。

何個か上の先輩たちは、団塊世代の一斉退職で席が空いたから超売り手市場だった。
僕たちも楽に就職出来るんだろうなぁなんて思っていたら、状況は一転して就職氷河期へ。

なんとか就職は出来たものの、労働基準監督署もビックリのブラック企業(笑)

  • 特徴1.長時間労働
  • 特徴2.休日が少ない
  • 特徴3.給料が低い
  • 特徴4.残業代が出ない
  • 特徴5.謎の雇用契約
  • 特徴6.従業員の入れ替わりが激しい
  • 特徴7.簡単に入社できる
  • 特徴8.上司・社長は絶対
  • 特徴9.パワハラ・セクハラ
  • 特徴10.精神論がよく出てくる
    引用:今すぐチェック!ブラック企業の10の特徴と見抜く方法│労働問題弁護士ナビ

見事に全項目当てはまってるね。
年金・保険ナシの終電帰りとか、今思えばアルバイトをしていた方が良かった。

【ニート時代】ブラック企業すぎて飛ぶ

もうね、飛ぶよね。
何も言わずに飛ぶよね。

電話が死ぬほど掛かってきたけど、出る気力もないよね。
そして貯金もすぐ底を尽き、iPhoneのローンも焦げ付いて人生が終わりかける。

しかし実家に戻って再起を考えるため仕事を探す。
ここでなぜかあろうことか、無給の仕事を選ぶ。

【ネットベンチャー企業時代】無給の仕事を選ぶ

無給の仕事をしたせいでiPhoneのローンは1年ほど返せず、晴れてブラックリスト入りとなってしまった。
この時の企業は僕が飛んだブラック企業もビックリの給料0万円、起床時間=勤務時間という企業だった。

完全成果報酬制で成果が出なければ、報酬はゼロ。
超絶ブラック企業やホストクラブだって、こんな勤務体制で報酬ゼロなんてないよ。

当然、自分で稼いだことなんかない僕は、成果が出なくて就職1年目は収入がゼロ。
というかソッコーで稼げるような有能なら、就職氷河期だろうが何だろうが就職なんて簡単に出来てるだろうしね。

しかしこれが転機となったんだ。

【仕事楽しい時代】好きなことを仕事に

無給でもやってこれたのは、単純にネットが好きだったから。

  • twitter
  • facebook
  • mixi
  • まとめサイト
  • バイラルメディア
  • 個人メディア
  • アプリ開発仲介
  • ネットショップ
  • ネット営業

などなどいろいろやったけど、どれもネット繋がりだから楽しくて仕方がなかった。
ネットで稼ぐならこの感覚が非常に大切。

稼ぐためには稼ぐことを考えちゃいけない、なんだか逆説的だね。
仕事で好きなことをやっていて楽しいじゃなくて、好きなことを突き詰めていたら仕事になった。
そんな感じ。

【僕のバブル時代】月収100万円を越える

そんな感じで好きなことをしていたら、月収が100万円を越えることに。
ネットでの影響力もとんでもないモノに成長したんだ。

けどやっぱり中心にあるのは、お金じゃなくて「ネットを触っていて楽しい」っていう気持ち。

この時やっていたメディアへの執筆活動が今の僕のブログへの興味を作った。
※このメディアへの執筆活動は、やっぱり無給。けど楽しい(笑)

【収入ゼロ時代】いきなり叩き落される

つかの間のバブル。
僕は一気に地の底へ叩き落されたんだ。

そう。僕の収入源がアカウント凍結によりなくなってしまったんだ。
そして収入は3桁万円から一気にゼロになっちゃった。

当時収入の柱が一本しかなかった僕は、いきなり収入ゼロに叩き落される。
そこで収入の柱を、今度は1人で立てることを考え始める。

【複業時代】好きなことでゼロから再出発

収入の柱を複数立てることを目標に、また「毎日、無給で鬼出勤」を始めたんだ。
自宅の自室に鬼出勤!

ブログメディアを中心に複数の収入源を作れるその日までは無給!

けどやっぱり中心にあるのは「ネットを触っていて楽しい」って気持ちだから無給でも楽しい。
だからお金のことも考えつつ、「ネットを触っていて楽しい」って気持ちを中心にブログを通して伝えたいな。

応援よろしくお願いします。

twitterもブログ更新通知やブログ論をツイートしてるから、もしよかったら覗いてみてください!