会社を辞める理由を考える前に、辞める時のNG項目を知っておくべき

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

「会社を辞めたい!」

こう思ったときに、同時に考えるのが辞める理由だね。

しかし辞めたい気持ちはあるものの、辞める理由は非常に悩む…。
なるべく波風を立てずに、円満に辞めたいからね!

一体、どのような理由なら円満に辞められるんだろうね?

会社を辞める理由なんて何でもいい

この記事を見ているということは、きっと辞めるための”それっぽい理由”を探しているんだろう。

結論から言うと、会社を辞める理由なんて何だっていいんだ。
他にやりたい仕事があるだの、起業したいだの。
会社にそれを止める権利はないからね。

会社側も会社側で、形式的に理由を聞いているだけだ。
別に100%の本音が聞けるとも思っていないんだ。

「何でもいい」は「何を言ってもいい」じゃない

会社を辞める理由は何でもいい。
しかしそれは「理由が何でもいい」というだけで「何を言ってもいい」といいことではないんだ。

円満に会社を辞めるために、絶対に言わない方がいいことなどの”NG項目”がいくつかある。
それっぽい理由を作ることより、NG項目に引っかからないような内容を作って伝えることの方が何千倍も重要なんだ。

NG項目に引っかかってしまったら、これからの仕事が全てがおしまいになる可能性だってある。
例えそれが正当な理由だったとしてもね。

しかし逆にNG項目に引っかかりさえしなければ、何が理由でもいいんだ。

だから会社を辞める理由を考えるときは、一番最初にまずこの”NG項目”を知らなければならない。
NG項目さえ知ってしまえば、あとはググって適当にそれっぽい理由を作ればいい。

会社を辞める理由を考える、伝える際のNG項目

本音は絶対に言わないこと

本音は百害あって一利なし!とまでは言わないけど、害であることが多い。
本音で語ってしまうと、引き止められた時に真面目に聞いてしまって辞められなくなってしまうこともある。


画像引用:リクナビNEXT│リクナビネクスト

これを見て、会社側がどう感じるだろうね。
きっと良くは思わないはずだよ。

むしろこんなのは、恋人と別れる時に「顔が好みじゃないから別れて」と言うようなものだ。
辞めた後の印象は最悪なものになってしまう。

本音を言う場合は、ガチの退職理由(親の介護など)がある場合かポジティブな退職理由がある場合に限る。

ネガティブな理由は言わないこと

退職の理由のホンネ・ランキングを見ても分かるけど、退職理由の本音はネガティブなモノばかりだ。
けど、ネガティブな理由は聞いている方も気持ちの良いモノではない。

特に、人間関係を理由にしたモノはNG。
円満に会社を辞めれないどころか、次の就職に悪影響を及ぼすことも有り得る。

さらに、引き止められて辞めないなんてなったら会社の居心地は最悪なものになる。

ネガティブな理由は、ガチな理由(親の介護など)を除き、できる限り避けるようにしよう。

嘘はつきすぎないこと

噓も方便という言葉がある。
しかしこれは、時と場合によっては嘘も必要なこともあるという話で、お互いにメリットがあるときに限った話だ。
近年はSNSを始めとするネットでのコミュニケーションが発達してきたため、どこで嘘がバレるか分からない。

多少の嘘は建前上しかたがない部分もあるけど、嘘のつきすぎは不要なトラブルを招きかねない。
だから嘘をつくにしても、最小限に抑えることを心掛けよう。
嘘をついた場合は、バレないように気配りをしよう。

喋り過ぎないこと

会社を辞める理由も整ってシミュレーションもして準備万端。
最後に注意しておきたいのが、会社を辞める意向を伝える面談で喋り過ぎないこと。

特に建前で喋る場合、喋り過ぎて本音が出てしまったりする。
また、話の整合性が取れなくて建前がバレてしまうこともある。

それを避ける一番の方法は、必要最低限しか喋らないこと。
聞かれたことを答える、その程度でいいんだ。

聞かれてもいないことをベラベラ喋って、会社側に無意味に情報を渡すことほど危険なことはないよ。

会社を辞める理由を考えるポイント

「本音と建前の使い分け」が最重要

退職は、権利だから会社が拒否することはできない。
だから、退職はこちらの都合で辞められるんだ。

よって、退職は理由よりも個人の意志の方が重要になってくる。
ゆえに、円満退社をしたいのであれば”どう伝えるか”が重要になる。

退職理由は何でもいいんだ。
本音と建前を巧く使い分けて、会社を辞める理由を考えてみよう!

失敗してもいいくらいの気持ちで

たとえ失敗したとしても、会社を辞めてしまえば理由も失敗したこともどうでもよくなる。
失敗しろってことじゃなくて、あんまり気を張り過ぎるとかえって失敗してしまうよってことね!

適度に肩の力を抜いて、内容を考えて伝えよう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です