退職して無職になったら考えるお金のこと

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

退職して無職になったら、考えさせられること。

ズバリ、お金のことである。

どうも、月収ゼロ系ひきこもりブロガーのけい(@keiesuz)です。

退職して無職になると、次の仕事があろうとなかろうとお金について考えさせられる。

 

次の仕事が決まっていても収入は間違いなく変わる。

次の仕事が決まっていなかったら毎日、貯金額とにらめっこで不安しかない。

 

しかし、普通に働いているとお金のことを真剣に考えることって少ない。

まぁ、日々の生活に困らないし不安もないしで考える必要があまりないからね。

 

だからいい機会と思って、

退職して無職になったらお金のことを真剣に考えてみよー!

退職して無職になったら考えるお金のこと

お金のために働いて、必死になってない?

とりあえず漫然と惰性的に「老後のために」「何かあったときのために」って、仕事してお金を稼いでいない?

保証や安心のためにお金を稼ぐ行為って、終わりがないんだよね。

 

日本は他国に比べて、セーフティーネットが充実してる。

なのに、終わりのない保証や安心のためにお金を稼ぐって。

 

人生、完全にお金に縛られてるよね。

だから、なんとなくそれっぽい理由をつけてお金を稼ぐのはやめた方がいい。

 

お金に縛られて、人生を楽しめないうちに人生が終わってしまうからね。

自分がいくらで生活してるのか計算してみよう

自分の生活のランニングコストがいくらかかるのか、計算してみよう。

 

このランニングコスト以上の、お金って稼ぐ必要ないよね!

年間200万円で生活できるなら、自分を削って無理してまで500万円稼ぐ必要がないよね。

 

年間200万円だったら、アルバイトでもいいわけだからね。

アルバイトだったら残業もない。コンビニでのアルバイトだったらどこにでもあるから通勤も楽。

すぐやめてすぐ次にいける、ストレスフリーな生活ができる。

退職して無職になったら生活コストをできるだけ小さくしてみよう

新車がいい、新築がいい、携帯電話は大手キャリアがいい。

こういうのをぜーーんぶ、捨て去ろう。

 

とにかく生活にかかるランニングコストを小さくしてみよう。

これをすると、あることが見えてくるんだ。

新車は中古車(軽自動車)に

自動車はお金がかかる持ち物の筆頭格だね。

しかし地方に住んでいたら、必需品。なかったら、生活がかなり苦しくなる。

 

ここでオススメなのが、激安の中古軽自動車。

デザインだ、年式だ、内装だ、とかは一切ムシ。

気にするのは価格と燃費、国産車かどうかってことくらい。

 

価格、燃費、国産車(※特にトヨタ)を数万円で手に入れられたら万事OK。

国産車は外車に比べて壊れにくいからね。

買うときは自動車に詳しい知人を作って、最安値の車を買おう!

 

僕は3万円で知人から譲ってもらった軽自動車を3年近く乗ってるけど、走らなかったことなんて一度もないからね。

300万円の新車なんて買ってしまったら、僕の車が100台買える計算になってしまう。

100台なんて毎年僕の車を買い替えたって死ぬまでに乗り切れない(笑)

 

安い軽自動車を、買おう!

 

新築じゃなくて中古物件(もしくは賃貸物件)に。最高は実家

住居はね、お金がかかるね。

けど、ここを下げられたら強い!

 

新築の一軒家なんて建てちゃったらもう、生涯お金の奴隷になってしまう可能性が高い。

 

これから日本は人口が減少していく。どうしなくても、住宅の価値が今より低くなる。(※都心部を除き)

そんな中で、地方に新築一軒家を建ててしまったら価値の下がると確定しているもののためにお金を払うことになる。

 

たとえ価値が上がるとしても、新築に一回でも住んでしまったら価値の下落率がハンパない。

不動産って、そういうもの。

 

だから住居コストを下げたかったら、実家に住むのがオススメ!

親さえ許せば、家賃がかかんないからね。

 

携帯電話は大手キャリアから格安sim・端末へ

携帯電話は自動車と住居に比べればたいしたことないけど、それでもランニングコストをガクッと下げることができるものの1つ。

 

今どき、格安simなら音声通話機能をつけても月額1000円程度で維持ができるよ!

端末も安いモノなら2万円程度で買える。

 

先日発売したiPhoneは13万円くらいする。

2万円の端末を6台も買えてしまう。

 

2万円の端末を毎年買っても6年ももつ。

けど先日発売したiPhoneより6年後の2万円の端末の方が絶対に高機能だわ。

 

けどiPhoneを1年毎に買い替えようと思ったら月々1万円強のお金をiPhoneのために、通信料金とは別に払っていかないといけない。

どう考えても高いよね!

生活コストの縛りを減らすと無理して稼ぐ必要がなくなる

自動車、住居、携帯電話などの生活コストを減らしていくと、無理して稼ぐ必要がなくなる。

お金のために働いて、必死になる必要もなくなる。

 

年間生活ランニングコストが200万円なら月に20万円も稼いでいたら40万円もおつりがくる。

どう考えても、年間500万円稼ぐ必要はない。

 

そう考えるとさ、

 

次に就く仕事って、本当に就く必要ある?

 

必要ない場合が多いよね。

年間生活ランニングコストを下げたらアルバイトでもいいわけだし。

 

お金を稼ぐことを悪として、清貧こそが正義!ってことが言いたいわけじゃない。

 

お金を稼ぐのはとてもいいことだし、逆に生活が質素であれば人生が充実するワケでもない。

何が言いたいかというと、

退職にして無職なったら、お金に真剣に向き合って好きな仕事をしよう

  • 生活のランニングコストを下げれば、意外とかかるお金は少ない。
  • かかるお金が少なければ、無理して人生削ってまで稼ぐ必要もない。
  • かかるお金が少なければ、職業選択に自由がきくようになる。
  • 好きな仕事を好きなだけ続けたら、お金はあとからついてくる。
  • HAPPY!

言いたいことはこんな感じさ。

退職して無職になったときは、いやでもお金に向き合うことになる。

お金のことを考えさせられるいい機会だと思って、一度真剣に考えてみよー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です