【グルメ漫画】「酒のほそ道」のいいところをまとめてみた。

The following two tabs change content below.
けい@うなぎブロガー
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。引きこもって稼いで月収3桁越えたことがある。静岡県浜松市出身。今はなぜか農業を手伝っている。浜松・仕事・30代のライフスタイルについて発信します。

おっさん系グルメ漫画を読みたいのであれば、間違いなく孤独のグルメを勧める。

しかし、おっさん×酒というと孤独のグルメは違う。

そこに巧い具合に入り込むのがこの「酒のほそ道」という作品。

 

おっさん系酒漫画を楽しみたいなら、一番最初に読んでみる作品。

酒のほそ道のあらすじ

主人公・岩間宗達は、とある企業の営業担当サラリーマン。仕事帰りの一杯が何よりも楽しみで、後輩や友達との酒盛り情景が多く描かれているが、独り酒もよく嗜む。また、飲兵衛の心得なる持論や、酒や肴の薀蓄を語ることが多い。

引用:酒のほそ道│wikipedia

孤独のグルメのお酒バージョン。

これ以上に表現しがたいくらい、オッサンな感じ。

アルコールなら何でも来い!

酒のほそ道の情報

連載開始:1994年

主人公:とある企業の営業担当サラリーマン(29歳)

食のジャンル:飲み歩き

その他:おっさん、1話完結

巻数:既刊42巻(2017年12月現在)

読んでいると作者がお酒にこだわりが相当強いのを感じる。

酒のほそ道はこんな漫画

1話完結だから読みやすい

やはり1話完結の漫画は、読みやすい。

4コマ拡大版くらいのノリで気楽に読み進めることができる。

何巻から読んでもあまり問題はない。

 

テキトーにサラッと読んで、飲みたくなったら手を止めてお酒を飲む。

明日には全部忘れる。

次はまた別のところから読む。

それくらいテキトーに読める。

哀愁漂う「まえがき」が酒飲みに刺さる

作者が巻頭で酒についての考えや思いなどを時事ネタや私的エピソードを交えたりしながら語る。

これがまた、酒飲みの刺さる。

このまえがきが、お酒が好きだという気持ちをより一層昂らせる。

あとにつづく、コラムやレシピでその気持ちを最高潮にするための前菜としてはちょうどいい。

「ちょっと寄り道」というコラムが魅力

1話終わった後に、「ちょっと寄り道」というコラムがある。

すごくどうでもいいうんちくなんだけど、酒飲みはこういう酒の肴になりそうなうんちくが好きなのさ。

「なるほど、なるほど」ってサラッと読める文量なのも嬉しい。

すごくどうでもいいうんちくなだけに、長すぎたら疲れちゃうからね。

話終わりにたまにあるレシピがそそる

簡単に作れる小料理のレシピ。

お酒が進みそうなレシピばっかり。

「酒のほそ道 レシピまとめ本」なんてあったら、お酒好きには必須の本になるだろう。

そのくらい「絶対にお酒の肴として最高!」と思えるレシピばかり。

絵はうまくないからこそ、グルメに集中できる

絵はぶっちゃけ、めっちゃ下手。小学生レベル。

しかしだからこそ、酒飲みグルメの話に集中できる、というのがある。

この漫画の売りはなんといっても、「酒飲みおっさんの共感・納得」だからね。

絵のレベルなんて二の次、三の次。

 

絵で漫画を選んでしまう人は、きっと読めない。

お酒と肴がほしくなる

まえがきでお酒好きな気持ちを昂らせ、共感納得に全振りした本編を読み、コラムやレシピを見る・・・・・・・。

もうとんでもなくお酒が飲みたくなる。

くだらない話を肴に一杯やりたくなる。

 

お酒と肴を読めば読むほど、渇望してしまう。

おっさん臭さが最高

「1994年のアラサーってこんなにおっさん臭かったのか」とギャップを楽しみつつ読むもよし。

「自分ももうこっち側か…」なんて悲壮感をもちながら読むもよし。

とにかく、酒と肴を楽しむおっさんの姿がリアルで最高すぎる。

共感と納得の度合いが高い。

 

おっさんによるおっさんのためのおっさんのお酒漫画の決定版だね。

ただのうんちく本じゃない

笑える話もかなり多い。

お酒を飲んでのエピソードが、これまたおもしろいモノが多い。

おっさんがお酒を飲んでいて一度は思ったことのある話、作者ならではの話。

そのどれもがおもしろい。

まとめ

  • 1話完結だから読みやすい
  • 哀愁漂う「まえがき」が酒飲みに刺さる
  • 「ちょっと寄り道」というコラムが魅力
  • 話終わりにたまにあるレシピがそそる
  • おっさん臭さが最高

おっさんによるおっさんのためのおっさんの酒漫画の決定版!

自分がおっさんだと思うなら、絶対に楽しめる作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です