【超具体的】ブログ初心者のためのキーワードの選び方のコツ【決め方編】

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

どうも、ひきこもリーマンのけい(@keiesuz)です。

ブログ記事をいざ書こうってなると、絶対に気にしなきゃいけないのがこの「検索キーワード」。
けど初心者だから選び方なんて分からない。

「ターゲットを決めてQ&Aサイトを使うといい」とはよく言うよね。

だけど、結局そこで何をどう検索すると記事に合うかつ上位表示できるキーワードを探せるのか分からない。
仮に探せたとしても、決める方法が分からない。

検索キーワードを選び方で、何かパターンみたいなのってないの?

これって初心者ブロガーあるあるな気がする。

ってことで僕の考えるめっちゃ使える「検索キーワード」の選び方を考え方、探し方、決め方の3つに分けて紹介するね!
今回はその考え方、決め方編だよ。

探し方編はこちら

※考え方は両記事ともに共通。
 探し方編からご覧ください。

ブログ記事のキーワードの選び方のコツ

検索キーワードを考えるメリット

ターゲットにドンピシャな検索キーワードを設定して記事を書くと、以下のようなメリットが得られるよ。

  • 検索キーワードの検索意図を知ることができる
  • 自分のwebサイトに集めたい人を集められる
  • 集客用記事、ファン化専用記事、アフィリエイト成約用記事など使い分けられる。

こんな感じでキーワードを設定した記事を書いていくと、ターゲットにドンピシャな記事が貯まっていく。
結果として、サイト自体の質が向上するんだ。

記事毎にターゲットがバラバラだと個々の記事の質は高くても、記事全体に統一感がないためサイト自体の質が向上しないよ。
だからどんな人をサイトやブログに集めたいのかは、先に決めておこう。

キーワードを決める上での重要事項

アクセスが皆無では、いくら良記事を書いたところで無意味。
ユーザーが何を考え、何を必要としているかが中心。

ビッグキーワードは狙わない。

  • 競合が強すぎる。
  • Googleのアルゴリズムに左右されすぎる。
  • ターゲットの検索意図が不明瞭。

狙っていくのは、ロングテール・キーワード(複合キーワード)。
そんなことは分かってるよ!

問題は、それの決め方だね。

判断基準

実際に検索してみると、いくつかのことが分かる。
検索キーワードによって、出てくるサイトの傾向が違う。

  1. 企業のサイトばかりのワード
  2. アフィリエイトサイトばかりのワード
  3. プロブロガーばかりのワード
  4. 初心者ブロガーばかりのワード

上記3つは、初心者が戦ってもまず負けるよ。

良記事だとしても負ける可能性があるよ。
自分のサイトがまだ良サイトではないからだね。
運営歴(ドメインパワ―)の部分で圧倒的に負けているんだ。

ってことは、勝ちに行くなら4つ目の「初心者ブロガーばかりのワード」ってことになるね。

判断方法は、素人っぽい記事、サイト。
具体的に言ったら、以下のような感じだよ!

  • 検索結果の並び(記事タイトル)に検索したキーワードがほとんど含まれていない。
  • タイトルには含まれているけど、記事内容(見出し、本文)にキーワードが含まれていない。
  • デザインが自分でも作れそうなレベルで洗練されていない。

競合のいない、もしくは少ないキーワードで記事を書いて確実に勝ちに行こう!
いくら良記事を書いたとしても、負け確では見てもらえないから意味がないからね。

まずはロングテール、スモールワードで確実に上位表示の記事を増やしてサイトの質を向上させよう。
競合が強いキーワードで戦うのは、その後でも遅くはないよ。

キーワードが決まったら再検索

キーワードが決まったら、Q&AサイトやAmazonでそのキーワードを再検索しよう。
nanapiやAll Aboutなど少し専門性の高いサイトを利用してみてもいいね。

全体像をさらに深めたり、記事に足りない部分は追加したりしよう。

大量に記事を書くことで大量にデータが蓄積される

大量に記事を書くと当たり前だけど、それに付随して大量にデータが蓄積されるよ。
それを見ると、自分が意図しなかったワードでユーザーが来ていることもあることが分かるんだ。

これは、ツールなどでは出てこないユーザーの生の声だね。
つまり、潜在的に必要とされているキーワードってこと!

これを利用しない手はないよね。
これからはこのキーワードも上手く利用して、さらにキーワード選定を進めてみよう。

ブログ記事のキーワードを決めるコツは「ユーザー中心」

キーワード選定は、ユーザーを中心に考える。
ツールは、あくまでユーザーの生態を知るための補助的なもの。

検索結果の先には人がいるということを念頭において考えると、今まで見えなかったものが見えてくるんだ。

あとは繰り返し簡単で地味な作業を継続的にやって、キーワード選定の精度を上げるか上げないかだよ。

探し方編はこちら

ツール紹介

各種Q&Aサービス

Yahoo!知恵袋
OK Wave
人力検索はてな
教えて!goo
発言小町

生活の情報サイト

nanapi
All About

書籍通販サイト

Amazon

類語辞典

シーソラス

Google系サービス

Google
Keyword Planner
Good Keyword
Google Analytics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です