自分で稼ぐ手段がない人はもっと危機感を持った方がいい。

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

どうも、ひきこもリーマンのけい(@keiesuz)です。
今日は過労死のニュースが目についてたので、思うことをまとめてみたよ。

6カ月間で休みはたった4日、連続91日勤務…想像を絶する勤務実態で過労死した女性 -...
「36協定」が残業の免罪符に?(depositphotos.com)  法律の上限を超えた長時間労働、さらに休日もなく働かせることのできる制度が、日本では法律で…

こんな過労死のニュースは、ゴロゴロ転がっているよね。

けど過労死なんて自分がなるはずがない。
だって自分の労働環境には、多少の不満はあれどそこまで悪くないし。
だから自分とは無関係の世界。

たしかにそうかもしれないね。

けど現状の労働環境にあまり不満もなく過労死が他人事だと思っている人ほど、危ないんだ。

過労死は他人事じゃない

10年後、20年後の未来なんて予測不可

20年前に誰がJALの経営破綻を予測した?
10年前に誰が東芝の経営危機を予測した?
経営危機の数年前ならいざ知らず、10年20年前にJALや東芝が経営破綻または危機に陥ってるなんて予想していた人はいなかったはずだ。

大企業ですら予想できないんだ。
中小企業なんてものの数年先で吹き飛んでる可能性だってある。
そうなったら、転職または自活を余儀なくされる。

専門的な知識や特殊スキルを持っていても安心できないよ。

昔は弁護士、税理士は試験を通過して独立さえしてしまえば高収入が保証されていたんだ。
けど今は、資格保持者が大幅に増えてしまって厳しい時代になってしまった。

だから今は高給取りなんて言われてる資格職や専門職なんかも10、20年後は職に溢れている可能性もある。
10、20年後はおろか数年後先の未来ですら、誰にも予測できないんだ。

10年後、20年後は絶対に歳を取っているし、体力も落ちている

絶対的に言えることがある。

僕たちは今は若かったとしても10年、20年後、当たり前に歳を取っているし体力も相応に落ちている。
そして歳を取ったときにその時代に合った能力がなければ、労働環境は当たり前に悪くなっていく、ということ。

現状の労働環境に不満がなくとも、自分で稼ぐスキルを付けていかなかったら年々労働やお金に対しての不安は増していくんだ。

けどそうなっても若返ることもなければ、体力が若い頃の様に回復することもない。

能力がない人はしがみつくしかない

このニュースの方はまさに、その典型例だね。

「いくらなんでも仕事がハードすぎではないか」
と心配する長女に斎藤さんは、
「この年だとほかに雇ってくれるところもそうないし我慢する。少しでも家計の足しにしたいし」
と、毎日仕事に出かけて行った。

能力がない人はこの方のように、いくら会社がブラックだろうとそこにしがみつかざるを得なくるんだ。
会社から放逐されたら転職先もないし、かと言って自分で稼ぐ方法も知らないからね。

しがみついて我慢するしかなくなる。
残りの人生は、会社という小さな単位に縛られて浪費するだけ。

この方はそれが行き過ぎて亡くなってしまった。

自分で稼ぐスキルを持ってる人って、どれくらいいる?

周りを見渡してみよう。
会社から貰う給料の差はあれど、たった1,000円でも自分で稼ぐスキルを持っている人は、きっとほとんどいないはずだと思うんだよね。

その稼ぐスキルがない人たちはみんな、現状に不満がなかったとしても将来困る可能性があるんだ。
自分で稼ぐスキルがない人たちは、労働環境が悪くなった時にしがみついて過労死コースになる可能性がある。

そんなことは絶対に防ぎたい。
だから現状の労働環境に不満がなくとも、他人事とは思わず危機感は持つべきなんだよね。

30歳くらいまでなら全然遅くない

不安を煽るだけ煽ってしまったけど、30歳くらいまでなら全然遅くない。
むしろ早すぎるくらいかもしれない。

稼げるか稼げないかは、関係ない。
将来の労働環境に危機感を持って、前向きに取り組むことが大事なんだ。

お金なんてのはじっくり腰を据えて楽しみながらやっていけば、後々付いてくるよ。

好きなことを仕事にする方法は、この記事に詳しく書いてあるから興味があったら読んでみてね。

好きなことを仕事にする「超」具体的なやり方

過労死を他人事だと思わずに、稼ぐスキルを付ける

現状維持のつもりが下降線だった、なんてことはよくあるよ。
現状維持は最高でも現状維持しかないんだ。

そんな生活を続けて年齢を重ねたら、きっと待っているのはしがみつく未来だろうね。
そうならないためにも、若いうちから”自分で稼ぐスキル”は絶対に付けなければならいんだ。

今からゆっくり楽しみながらやっていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です