若いうちに知っておく!独身のリスクと対策・まとめ

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

30代は、仕事盛りな年齢。

20代で積み上げてきた実績が、ようやく花開く。

 

あ、なんだ独身でも楽しいしいいじゃん!

 

順風満帆のように見える。

けど結婚した方がいいんじゃないか…?

 

30代、40代と歳を重ねれば重ねるほど、その悩みは大きくなっていく。

 

いくらバリバリ仕事ができても、悩んでしまう。

ずっと独身でいることは、それ相応のリスクもあるからね。

 

というわけで、独身無職リスクしかない系ブロガーのけい(@keiesuz)がガチで感じてる「若いうちにしっておく!独身のリスクとその対策」を整理してまとめてみたよ。

健康面のリスク

加齢とともにやってくる健康不安。

 

20代のままの感覚で30代を過ごすと、身体がキツくなってくる。

多少の無理をしながら仕事をして、まぁなんとかできるなんて思っていたらいきなり身体を壊す。

 

結婚をすれば完全に防げるというワケじゃないけど、結婚相手が収入を得ていれば健康を崩したときに治療や療養に専念できる。

独身者はそれができない。

 

さらに、20代30代と年齢が上がっていくにつれ、順調に行けば大きな仕事も任されるようになる。

しかしその分、仕事の責任も強くなるということ。

 

その責任によるストレスも、精神的健康を害する恐れがある。

独身者は、年齢相応にやってくる肉体的、精神的なストレスに1人で耐えなければならない。

 

だから若いうちから健康面には既婚者以上に気を遣い、健康に関する知識も積み上げていこう。

仕事面のリスク

身体を壊し、健康を崩してしまったら、治療や療養をしなければならない。

しかし、治療や療養には時間もお金も必要。

 

独身者は、自分を支えて助けてくれる結婚相手がいないため、そうなったときでも1人で乗り越えなければならない。

 

当然、健康を崩して治療や療養に専念したら仕事は続けられない。

そして、治療や療養中にお金を稼いで支えてくれるパートナーもいない。

 

それを考えた上で、仕事を考えていかなければいけない。

だから仕事をする際は、つねに自分の精神や身体に負担のかからない範囲でやっていくようにしよう。

 

精神や身体に負担をかけて、壊してしまったら元も子もないからね。

金銭面のリスク

30代独身は、楽しい。

稼いだ額はすべて自分のもの。すべて自分の好きに使える。

 

稼いだお金を小遣い制にされることも、ない。

既婚者のように、金銭についての話でもめることがない。

 

子育てもないので、既婚者と比べると本当にお金が使える。

そして20代の頃より、収入も上がってきている。

 

しかし仕事面や金銭面のリスクを考えると、そう簡単にお金は使えない。

30代の10年だけで見たら既婚者と比べてお金は使える。

 

40代になったら、仕事が順調に行けば使えるお金はもっと増える。

 

けど老後の健康・仕事リスクを考えたら、そう簡単にお金は使えない。

楽しむことばかり考えていたら、歳を重ねれば重ねるほど後悔することになってしまう。

 

だから独身者は、既婚者以上にお金にシビアになって、若いうちからお金に関する知識や経験を少しずつつけていこう。

介護面のリスク

介護っていうのは、親の介護だけじゃないんだ。

自分の介護というのがある。

 

自分の介護、つまり事故や病気によって介護を余儀なくされるケースだね。

こうなってしまったら、もうどうしようもない。

 

しかし収入面、生活面で支えてくれるパートナーは、いない。

こういった不測の事態に、独身者は弱い。

 

もちろん、こういった事故や病気で自分を介護するということにならなくても、いずれ歳をとれば自分も介護される側になるよね。

 

支えてくれるパートナーがいない独身者は、健康なうちに介護の費用や方法、支援などの介護周りのことについて、既婚者以上に調べておく必要がある。

精神面のリスク

歳をとれば、自分を生んでくれた家族と離れていく。

年相応に離れていけば、人と喋る機会が圧倒的に減る。

 

離れなかったとしても、いずれは亡くなっていなくなる。

そんなときに独身で子供もいなかったら、プライベートで話す機会が既婚者と比べて圧倒的に減る。

 

そんなことを思うと、精神を病む。

年々、友人も減り家族も減り、一人という実感が強くなっていく。

 

だから独身者はこういった精神リスクに向けて、自分の趣味を楽しんだり趣味を発展させて人と繋がることを考えた方がいいね。

幸い、今の時代はネットで簡単に人と繋がることができる。

 

うまく利用していこう。

 

歳をとってから考えても、遅い

歳を重ねれば重ねるほど、リスクは上がっていく。

お金、介護、仕事、生活、精神のどれをとってもそうだ。

 

しかし歳をとってから考えても、遅い。

知識や経験がないから、考えるだけでなにもできないし、そもそも何の準備もない。

 

 

 

だから独身でいるなら、若いうちから覚悟をもって知識や経験を蓄えて、既婚者以上にリスクに向けての準備をしていく必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です