退職届の書き方マニュアル・内容証明郵便【テンプレ・作成例付き】

The following two tabs change content below.
けい@うなぎブロガー
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。引きこもって稼いで月収3桁越えたことがある。静岡県浜松市出身。今はなぜか農業を手伝っている。浜松・仕事・30代のライフスタイルについて発信します。

とにかく仕事を辞めたい。けど退職届の書き方が分からない。というか退職届と辞表って何が違うの?退職願?退職届?辞表?いろいろあるけど、結局どれを書けばいいの?書いたけど確実に受理されるためにはどうやって送ればいいの?
 

そんな人に必見の書き方・送り方マニュアルを作ったよ!

 

  • 退職届と辞表の違い
  • 退職届の書き方
  • 内容証明郵便の書き方・送り方

 

さぁこれで退職して気分は軽やか。

退職届と辞職願の違い

退職願=退職の申込み
退職届=退職の最終的な意思表示

願いの方は会社側が承諾して初めて退職扱いになるよ。会社側が承諾するまでは撤回出来るものだから注意。誤って退職願を出して退職した気になっていたら…、なんてことになる可能性も!

届けの方は受理された時点で退職扱いになるよ。願いと違って基本的に会社側が撤回をすることは出来ない。

  • 辞表=退職願の役員や役職持ちの人、または公務員バージョン

つまりこれに該当しない一般的な会社員は退職願、または退職届を書くってことだね。一般的な会社員が辞表を書いたら恥ずかしい思いをするどころか、受理されない可能性も?正しい書類を正しい書き方で書こう。

退職届の書き方マニュアル

願いも届けも基本的には手書きだけど、PC作成でも良い場合は以下のテンプレートを使ってコンビニでネットプリントだ!

  • 退職届PDFテンプレートのダウンロードはこちら
  • 退職願テンプレートのダウンロードはこちら

上記のテンプレートに必要事項を記入で完了!

注意事項

手書きの場合は上記のテンプレートを手書きで写そう。用紙はA4、B5の大きさのものを使用。黒のボールペンまたは黒インクの万年筆を使用。

ネットプリント

ネットプリントのマニュアルはこちら

内容証明郵便のやり方マニュアル

内容証明の差出方法等

主な内容証明の差出方法等は、次のとおりです。

1.差出郵便局
差し出すことのできる郵便局は、集配郵便局及び支社が指定した郵便局です。
すべての郵便局において差し出すことができるものではありませんので、あらかじめ差し出そうとする郵便局へお尋ねください。

2.差出方法
郵便窓口に次のものを提出していただきます。
(1)内容文書(受取人へ送付するもの)
(2)(1)の謄本2通(差出人及び郵便局が各1通ずつ保存するもの)
(3)差出人及び受取人の住所氏名を記載した封筒
(4)内容証明の加算料金を含む郵便料金
念のため、差出人の印鑑をお持ちいただくことをお勧めいたします。
内容文書・謄本とも、用紙の大きさ、記載用具を問いませんから、市販の内容証明用紙以外の用紙を用いても、また、コピーにより作成してもかまいません。ただし、謄本には字数・行数の制限があります。

3.その他
差出人は、差し出した日から5年以内に限り、差出郵便局に保存されている謄本の閲覧を請求することができます。また、差出人は差し出した日から5年以内に限り、差出郵便局に謄本を提出して再度証明を受けることができます。

引用元:内容証明│郵便局

 

書き方の注意

 

利用料金

内容証明の加算料金は430円
切手で支払う場合は、封筒に貼り付けせずに郵便窓口へ。

f:id:hikikomoriforest:20170106163848p:plain

1.一般書留とする必要があります。
2.速達、一般書留、引受時刻証明、配達証明、特別送達、本人限定受取、代金引換及び配達日指定以外のオプションサービスとすることはできません。
3.同文内容証明については、1通は上記に定める額とし、その他は1通ごとにその半額となります。
 ※同文内容証明とは、同時に2通以上の内容証明郵便物を差し出す場合において、その内容文書が同一内容のものをいいます。
4.差出郵便局で謄本を閲覧する場合の料金は430円となります。

引用元:内容証明│郵便局

 

作成例

縦書の場合

003_R

横書の場合

004_R

 

最後に

「退職届+内容証明郵便」で辞職は可能だけど…

005_R

内容証明郵便で退職届を郵送した場合、会社側が受取りを拒否したとしても受取り扱いになるよ。だから郵送してしまえば、どんな事情があろうと労働契約は解約される。

しかし、やり方が一方的かつ強引であるのも事実。退職後に源泉徴収票、離職票、年金手帳などを郵送してもらうなど退職した会社とやり取りをする機会がある。よって、この方法は法律上可能だけど最終手段にしておく。
 

出来る限り会社側と話し合い、円満な退職を目指そう。それでも出来なかった場合のみ、この最終手段を使おう。いきなりこの方法を使うのはオススメしないよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です