【簡単】人生、考えるときはコレをするだけで深い自分に近づける。

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

人生って、悩ましい。

 

たまに立ち止まって考えたりするけど、結局答えがでない。

 

自分のことなのに、どうしたらいいのかわからない。

けど時間は待ってくれないし、どんどん進む。

 

なんだか、怖い。

 

いったい、どうしたらいいの?

人としゃべると、整理される

自分のことだけど、自分ひとりで悩んだってわからない。

そういうときには、人としゃべろう。

 

話すって行為は、人に伝えるためにアタマの中で考えてることを一度整理するっていう段階がある。

これをすることで、アタマの中がけっこう整理されてクリアになるよ。

 

自分ってこんなことがしたかったんだ、あんなことがやってみたいんだ。

逆に、こんなことはしたくないなぁとかもわかったり。

 

それが人生の指標になるんだ。

 

もちろん、ちょっとしゃべったくらいじゃ深い自分は見つからないけどね。

だけど、深い自分を知るキッカケにはなるよ。

 

だからまずは、ある程度アタマの整理したらとりとめもなくバァーッと人にしゃべってみよう。

人としゃべったことを、整理して書き留めておく

人としゃべったら、だいたいでいいからザッとメモしておく。

しゃべったことって忘れちゃうからね。

 

だいたいでいい。

それこそ、キーワードの羅列とかマインドマップみたいな感じでもいい。

 

とにかくザッとメモして、忘れないようにすることが大切。

前回のおしゃべりメモ

ちなみに、僕の先日のおしゃべりメモはこんな感じ。

メモをとっておけば、忘れてもだいたい思い出すことができるからね。

 

このメモが、次の段階での重要なツールになる。

だからメモを取るのは、必須。

メモを基に、自分を深掘りしていく

このメモを基に、一度自問自答してみよう。

 

すると、人としゃべったことで整理されてクリアになったアタマの中が、メモを基に自問自答することでさらに深くなっていく。

 

メモがないといつまでも一段深いところで終わってしまうけど、メモがあることでさらに深いところにいける。

 

僕の例で言うなら、話す前は”楽しい・好きって感情を重視したい”まではなんとなくぼんやり思ってたけど、そこから人との繋がりを作って相乗効果を作ったり互いにスキルを補てんし合ったりなんて考えたこともなかった。

 

そして、それをコミュニティ化したらおもしろいなーとか、ブログでその様を還元したいなーとかなんて、もっともっと考えたことがなかった。

 

僕はここから、自問自答する。

 

  • 楽しいや好きって感情を重視した人との繋がりって、どうしたら作れるだろう?
  • その繋がりをコミュニティ化するには、どうしたらいいだろう?
  • そのコミュニティで知り得た知識や経験をブログにもっとも効率よく還元するには、どうしたらいいだろう?

 

こんな感じで、考えがさらに一段深くなるんだ。

 

メモがないと、いつまでたっても「楽しいや好きって感情を重視した人との繋がりを作りたいな~」って段階で終わっちゃう。

メモを基に一段、また一段と深くしていこう。

同じことを繰り返す

  1. 人と話す
  2. メモをとる
  3. 自問自答する
  4. 人と話す

 

こんな感じで同じことを繰り返していくと、今まで発見できなかった自分に近づけるんだ。

だからどんどん、人と話してそれを基に自問自答することで、自分を具体化していこう。

 

繰り返していけばきっと、最初には考えられなかった自分を見つけることができるはずだよ。

【注意】1人で考え続けるのも悪くないけど

1人で考え続けるのも悪くない。

 

自分で考えてることをメモして、さらに深掘りしていけばいいんだからね。

人と話すって行為が抜けてるだけで、他はなんら変わらないように思える。

 

けど決定的に違うのは、1つ目「完全に客観的な意見が飛んでこないこと。」

 

自分をどんなに客観的に見よう、見てると思っていても、自分から離れることはできない。

だから100%客観的なんて、無理。

 

けど人と話すと、他の人から見えてる自分を教えてもらえる。

先日、お話させていただいた方に「けいさんって、こんな感じですよね。」とか「けいさんって、こんな感じが合いそう。」なんてことを言われた。

 

自分ではまったくそんなことを感じたこともなかった。

新しい視点をもらえて、とても嬉しかったし自分では得ることのできないものを与えてもらえた。

 

自分へのこの客観的な目線は、自分の人生を深く考える上でとても有用だ。

だって、自分では知り得ないことが盛りだくさんなのにも関わらず、内容は事実ばかりだからね。

 

そして、決定的に違う2つ目「多くの価値観から自分をとらえられないこと。」

 

また、自分は1人の人間だ。

ゲームのように、2人の人間を同時操作するようなことはできない。

 

だから1人の人間がもてる価値観の最大数も、1つだ。

 

他の人の意見、違った価値観からのアプローチは、自分の意見を客観的に考えるときにとても役に立つ。

もちろん、それに流されてしまってはいけないけど、間違いなく大きなヒントにはなる。

 

人と話すことで、自分をより客観視できたり違った価値観からのアプローチをヒントとして使うことができるようになる。

だから、自分の人生を考えるときは人と話すことで自分を深めていった方がいい。

人生を考える・まとめ

じゃあ最後に、人生立ち止まって考えるときに深い自分に近づくための方法をまとめておくね!

 

  1. 人としゃべる。自分を整理する。
  2. 整理したことをメモっておく。
  3. メモを軸に、自分を深掘りしていく。
  4. 同じことを繰り返す。

 

こんな感じで、どんどん深掘りしていこう。

人としゃべった方が、自分1人でやるよりいろんなヒントを得られるよ。

 

こんな感じで深掘りしていけば、どんどん自分の未来が見えてくる。

立ち止まることなんて、なくなるよ!

 

人生立ち止まったら、人と話してみるといいよー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です