儲かる儲からないに流されると、人生がつまらないものになるワケ

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

仮想通貨バブルですね。

どうも、仮想通貨で億り人になったがみんなタヒないかなと嫉妬で狂いそうになってる系ブロガーのけい(@keiesuz)です。

 

流行りに乗ることは、稼げる可能性を格段に上げる。

これは、間違いない。

 

僕も以前、流行りに乗って稼いでいたからこそこれは痛いほど感じている。

しかし「流行りに流されて稼ごうとする」もっと言えば「儲かる儲からないに流されて稼ごうとする」と、人生は確実につまらない方流されていくんだよね。

儲かる/儲からない目線は人生をつまらないものにする

今は仮想通貨の空前のバブル。

儲かる/儲からない目線で飛びつく人が、とても多い。

 

もちろんバブルだから、知識や経験がなくても儲かってる人もかなり多い。

 

けど儲かる/儲からない目線が中心だと、その物事に対する本質的な好き/嫌いがボヤける

そこがボヤけてしまうと、儲かった/儲からなかったの結果の重要度合いが高くなる。

儲かったら好きだし、儲からなかったら嫌いだし。

儲からなくて初めて、その物事が本質的に好きじゃなかったことに気づく。

 

儲からないし好きじゃない、むしろお金が吸われていく。

こんなの普通の感覚だったら、即やめるよね。

 

けど継続的な学びナシに儲けられることって、世の中ほとんどない

継続的に学びをするってことは、時間もお金もかかる。

 

バブルで運よく一時的に儲かったとしても、好き/嫌いがボヤけてる人は結果重視で継続的な学びを軽視しがち。

目先のお金にとらわれがち。

 

しかしバブルはいつか弾ける。

弾けたら、儲からなくてつまらなくてやめる。

 

古い話で言えば、土地神話が謳われていたいわゆる日本の80年代バブルがそう。

そもそもバブルなんて、そうそうあるもんじゃない。

好き/嫌い目線は人生を楽しいものにする

好きだから自然に学べる

好きって気持ちを重視すれば、継続的な学びが苦ではなくなる

むしろ、喜んでそれをするだろう。

 

それをしなければならない理由を、そもそも考えない。

だから苦痛とは真逆の場所にいる。

 

なぜ継続的な学びが苦痛なのか、わからない。

なぜ継続的な学びをしないのか、わからない。

 

そもそも学んでいるという感覚が、ない。

理屈抜きに、ただやっているだけ。

好きだから自然にお金を使える

そして好きだからこそ、その物事にお金を費やしてお金が減ることを厭わなくなる

費やす感覚ではなく、自己投資してる感覚になる。

 

理屈抜きに「楽しいからお金を使う」って状態になって、結果的に継続的な学びが勝手にできてるといった感じ。

もはや無敵状態である。

 

その継続的な学びがいつか花開いて、結果的に儲かる。

しかしあくまで、儲かったという事実は「好きという感情の副産物」でしかない。

好きだから自然に発想がわいてくる

好きだからこそ、好きじゃない人は思いもしない発想をしたりできる。

その発想も好きだからこそ、自然に沸いてきたもの。

 

儲かる/儲からない目線で好き/嫌いがボヤけてる人がなんとか捻りだした発想とは、発想力や発想数が雲泥の差。

 

好きを中心に発想がわき出てくるって、すごく楽しい。

 

僕が好きなことをやって稼いでいたときに、こんなことがあった。

 

眠っていて夢の中で発想が浮かんできた。

忘れないように起きて書き留めるつもりが、さらに発想が具体化されて楽しくなってきた。

気づいたら起きて時間を忘れて、ずっと仕事に没頭していた。

 

儲かる/儲からない目線で好き/嫌いがボヤけてる人は、こういったことがまずできない。

特に儲からないときは。

 

しかしこの好きって感情に突き動かされた発想の積み重ねが、人生に差を作る。

好きには損得勘定がない

 

学生時代のゲームをやっていた頃を思い出してほしい

 

学生時代にゲームをやっていてあーでもないこーでもないと1円にもならないのに試行錯誤した経験は、誰にでもあるだろう。

 

ゲームが5000円だったとして、1円にもならないならまず5000円のマイナスである。

そのゲームに20時間費やしたとしたら、時給1000円のバイトを20時間したと思えば2万円の機会損失だ。

 

ここまでで2万5000円ものお金を、損してる計算になる。

しかし「2万5000円ものお金を損してる計算」をしながら嫌々ゲームをする人なんて、いないだろう。

 

好きには損得勘定が、ない。

お金や時間を忘れて楽しむからこそ、その物事の知識や経験が他の人と段違いになる。

もう一度言うけど、儲かったという事実は「好きという感情の副産物」でしかない。

 

好きが中心の人生って、儲かる/儲からないに関わらず楽しい。

つまらないはずがないんだよね、だって”好き”が中心だから。

人生をつまらないものにしたくないなら、好き/嫌いを中心に!

仮にうまくいって死ぬほど儲かったって、1円も天国にはもってけない。

何度もバブルをうまく切り抜けてババを引かずに死ぬほど儲かったって、好き/楽しいって感情がないなら人生つまらない

 

限りある人生を楽しみたいならお金か好きのどちらを重視した方がいいかは自明である。

 

お金が儲かったら人生楽しいなら、高所得者は絶対自害しないはず。

逆に、低所得者は人生つまらないと嘆いて自害しまくるはず。

 

あなたは儲かる/儲からない派?

それとも好き/嫌い派?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です