【経験者語る】苦手・辛い仕事を続ける4つのコツがこちら!

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

仕事苦手、もしくは辛い。

仕事が続くか不安。

 

そんな人って多いだろう。

 

苦手・辛い仕事を続けるには、コツがある。

365日中、360日15時間働いて苦手・辛いを好き・楽しいに昇華させた僕が言うんだから、間違いない。

 

ってことで、苦手もしくは辛い仕事を続けるコツを経験者目線で紹介するね!

苦手・辛い仕事を続けるコツを①「小さな楽しいを見つけよう」

苦手・辛いの中から、小さな楽しいを見つけよう。

 

  • ただExcelをまとめてる時間が楽しい。
  • 営業で人と喋ってるときだけは楽しい。
  • 接客してるときだけは楽しい。

 

こういう小さな楽しいを見つけよう。

小さな楽しいがまず、心のよりどころになるんだ。

 

苦手・辛いから発見するのは、難しいけどね。

けど苦手・辛い仕事を続けるコツは、ここから始まるから小さな楽しいを見つけるのは必須。

苦手・辛い仕事を続けるコツを②「小さな楽しいの理由を探ろう」

小さな楽しいが見つかったら、理由を探っていこう。

 

たとえば、

  • ただExcelをまとめてる時間が楽しい。

→単純作業が好きだから。

  • 営業で人と喋ってるときだけは楽しい。

→人と会話して脳が活性化するのが心地よいから。

  • 接客してるときだけは楽しい。

→全体を見渡して、気を遣いながら動くのが好きだから。

 

こんな感じで、小さな楽しいの理由をどんどん深掘りしていこう。

苦手・辛い仕事を続けるコツを③「小さな楽しいを極めよう」

先ほど深掘りした理由をもとに、小さな楽しいを極めよう。

楽しいからこそ、極めるのも苦痛ではない。

 

圧倒的に極めることで、小さな楽しいに高い需要が出てくる。

 

フローチャートとしては、こんな感じ。

 

  1. 営業で人と話すのだけは楽しい。
  2. 営業で人と話すのを極める。
  3. 営業が強くなり、高い需要が出る。
  4. 営業が仕事の中心になる。
  5. 営業で人と話すのだけが楽しいから、ずっと楽しい。

 

小さな楽しいを極めて超需要を出せば、他のつまんない仕事の比重が格段に下がる。

 

単純に考えてみよう。

営業で毎月断トツトップの成績出す人の時間を割いてまで、その人が苦手な事務をやらせようと思う?

そういうこと。

 

僕もこの考え方で超需要を出したから、得意な好きな仕事中心に振られるようになった。

※最低限、苦手でもしなきゃいけない仕事はあるけどね!

 比重が格段に下がるって話ね。

苦手・辛い仕事を続けるコツを④「極めた小さな楽しいを提供しよう」

ネット、リアルの双方向から提供していこう。

 

極めたと思っていた小さな楽しいが提供することで、整理されてさらに極まる。

加えて、提供することでいろんなところから情報が飛んでくるため、自分では考えが及ばなかった知識をつけられる。

 

当たり前に、小さな楽しいがもっともっと極まる。

 

これが、小さな楽しいを爆発的に楽しくする強力なサイクル。

小さな楽しいから得た知識や経験は、どんどん提供していこう。

苦手・辛い仕事を続けるコツ・まとめ

それじゃ、苦手・辛い仕事を続けるコツをまとめておくね!

 

  1. 小さな楽しいを見つけよう。
  2. 小さな楽しいの理由を探ろう。
  3. 小さな楽しいを極めよう。
  4. 極めた小さな楽しいを提供しよう。

 

なにごとも、小さなことから。

小さなことだけど、ナメてかかっちゃいけない。

 

ゆっくり、だけど着実に小さなことを積み上げていこう。

そしたら、いつの間にか”楽しい”で埋めつくされるよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です