【解決策】大卒無職で引きこもりになってしまったら

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

大卒の無職って、昔と比べてかなり多い。

 

小中高大と順風満帆とまではいわなくとも、そこそこな感じで送ってた。

けど大学を卒業してまさかの無職!かつての同級生たちもビックリ!

 

 

こういう大卒で無職の人たちって、その後どうなると思う?

 

そう、引きこもりになるんだ!

 

けど一度、引きこもりになるとなかなか抜け出せない。

特に大卒無職はね。

 

じゃあ大卒無職は、これからどうしたらいいんだ?

 

そのあたりを、現役大卒引きこもりが経験談をまじえた対策を書いてみた。

そもそも大卒無職がなぜ引きこもりになるのか?

まず、大卒の無職者が引きこもってしまう原因を知ることが大切。

けどこれは簡単。

大卒はプライドが高い

大卒と中高卒、いろんな違いがある。

しかし数ある違いの中でも、決定的に違うことが1つある。

 

大卒は圧倒的にプライドが高い。

 

大卒は中高卒の人に比べて、プライドが高い。

 

大卒は大学受験を経験しているし、中高卒とは違った就職活動も経験している。

大学の同級生は当たり前に、中高卒と違った就職をする。

だから自分も大卒並みの就職が当たり前に、できるもんだと思ってる。

 

しかしそんな中、自分だけ中高卒と同じレベルの就職をする。

個人の能力が大学の同級生比べて劣っているのだから、仕方がない。

 

だがそれは認められない。

 

なんで大学受験を経験して就職活動までしたのに、中高卒と同じ就職・給料で働かなきゃいけないんだよ!

というようなプライドがある。しかし能力は平均的大卒をはるかに下回る。

大卒無職は自分の能力を客観的に見られない

プライドがあるのはいい、百歩譲って。

それ相応の能力があればさ。

 

しかし問題の大卒無職はプライドが高い割りに、能力・スキルがない。

けど、それは認められない。現実は、見ない。

 

自分の能力を客観的に見るのが怖いのだ。

 

中高卒並みという現実を見たくないから、泣く泣く無職を選択するのだ。

しかし就職してないから、あいつらには負けてない。否が応でもあいつらと同じ立ち位置にはならない。

 

こう、気持ちの中で否定する。

現実は逆なのにも関わらず、だ。

 

そうでもしないと、大学受験を経験して就職活動までした大学4年間をすべて否定することになるからね。

消去法で引きこもりを選ぶ

ただ時間は待ってくれない。

能力は人並み以下で時間だけが刻々と過ぎていく。

 

どんどん状況は悪くなっているのは、アタマではわかっている。

しかし動き出せないのだ。

 

自分の大学生活、ひいては人生を否定することになる。

ブランクを抱えたら、中高卒並みはおろか就職先があればいい方。

 

そんなことはわかっている。

 

ただ、情けない現実を見たくないから引きこもりを選ぶのだ。

 

引きこもってしまえば、嫌な現実から目を背けられる。

自分の都合のいい現実だけをそろえて、自分の世界にいつまでも浸っていられる。

 

いたしかたないが、消去法で”引きこもり”に不時着する。

 

そして、どんどん状況は悪化していく。

大卒無職引きこもりは、ネガティブな現実から目を背ける

現実は、アタマではわかってる。

だけど見たくない。

 

人と接して現実を強制的に見させられたら、ネガティブになる。

現実には、認められない嫌な自分しかいないからね。

 

ネガティブに引っぱられないように、どんどん現実を見ないようになる。

そして、どんどん現実から離れていく。

 

人と離れて、浮世離れしていく。

大卒無職で引きこもり。どうすりゃいいの?

さて、前置きが長くなってしまったが、ここからが本題。

プライド激高でネガティブかつブランク有りのネガティブ大卒無職になってしまったら、どうすればいいのか。

 

楽しめることを発見しよう。

 

自分がやっていて本当に楽しいと思えることを発見しよう。

ネガティブを潰すくらい楽しいと思えること。

 

ネガティブな状態で現実を見たって、何もうまくいかない。

だからまず、楽しめることを見つけてネガティブな気持ちを変えていこう。

 

そんなことが見つかったら次にするのは、

 

楽しめることから出会いを見つけよう。

 

楽しめることから見つけた出会いなら、現実を突きつけられない。

けど人と会うことで、少しずつ現実を見れるようになる。

 

すっと自分の世界に浸ってても現実は変わらないからね。

人と会うことで、現実を見れるようにしていこう。

 

しかし、お互いに楽しいことで共鳴してできた出会いだ。

だから学歴や職歴を気にする人は少ない。そこには楽しい世界がある。

 

今までの出会いと比べて、臆せずに自分を出していけるよ。

楽しいって感情を中心に人生を作りなおそう

大卒無職!ブランク!引きこもり!

考えただけで楽しくない。どんどんネガティブに引っぱられる。

現実から目を背けてしまうのも当たり前。

 

だから、どんどん”楽しい”を増やしていこう。

 

ここで大事なのは、楽しいを増やす過程で人との出会いを大事にすること。

 

人と比べてしまって、自分の人生がダメなモノに見えてしまう。

人と距離をおいて、ずっと自分の世界に浸っている。

 

人の影響力は、よくも悪くも絶大。うまく使っていこう。

 

自分をダメと感じさせる人と一緒にいても辛いけど、自分が一緒にいて楽しいと感じる人と出会えばなんとなく人生楽しいような気がしてくるよ。

 

楽しいことや楽しい出会いを増やしていればたとえ大卒無職引きこもりだろうと、どんどん人生が楽しくなるのさ。

 

資格だ、就職だ、仕事だなんだ。

プライドがどうだ。高卒だ、大卒だなんだ。

 

そういう難しい話は、楽しいって感情が出まくって楽しい人たちに囲まれてからでも遅くはないさ。

 

だから大卒無職で辛い、引きこもりがちって人はさ。

 

今すぐに楽しいことを始めて出会いを作っていこうぜ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です