【不安を抱えている無職の人へ】ガチ無職だった僕が無職を終えて思うこと

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。

どうも、2017年ナンバーワン無能無職ブロガーのけい(@keiesuz)です。

突然だけど、あなたは無職になったことってある?
僕は過去に何度かあるんだ。

無職を経験したことある人ならわかると思うけど、

 

無職って超不安なんだよね

 

就職先は決まっていてつかの間の休息みたいなのじゃなくて、なんの未来も見えてない無職ね。

不安を感じている無職の人たちに、「ガチ無職だった僕が無職を終えて思うこと」を伝えたい。

無職は不安に引っぱられてはいけない

未来の見えない無職は、超不安。

当たり前だけど、それに引っぱられてはいけない。

不安なのは顔や言葉、行動に出るからね。

 

昔、自己啓発のセミナーに行っていろんな人と話したことがあるんだけどさ。

言ってることは普通っぽいだけど、言葉の端々や顔に不安が明らかに出てるのね。

その不安をかき消すために、自己啓発セミナーに来たんだろうなぁって人がめちゃくちゃ多くてさ。

 

僕は、別に心理方面に長けてるワケでも何でもないただの一般人。

そんな僕でもわかるほどだからね。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。
引用:マザーテレサの名言│Fesh

 

思考や言葉は、行動を変えるよ。

 

この不安が就職面接のときに出たら、まぁ何言っても落ちるよね(笑)(※経験談)

面接官なんて、素人の僕よりよっぽどたくさんの人を見ているんだから。

 

不安に引っぱられないように、十分注意を払おう。

無職の不安を、逆に楽しむ

じゃあ不安に引っぱられないためには、どうしたらいいのって話なんだけどさ。

 

逆に楽しんじゃえばいいんじゃない!?

 

就職して、なにぶん不安のない人生。

無職だとこういう人生って、羨ましく見える。

 

けどさ、言い方悪くしちゃえばただの平平凡凡で退屈な人生だからね。

悩みは多い方が、退屈を埋めるよ。

 

不安すら楽しんでいこうの精神で。

人生の夏休み、再来

それにさ、普通に就職してたらこんなに長く休めることってない。

“大学生活は人生の夏休み”って言っちゃうくらい、休みがない。

長期休暇なんて多くても10日くらいなもん。

それもだいたい期間は盆暮れと決まっている。

 

人生の夏休み、再来やぞ!?

 

次の人生の夏休みは、退職後かもしれんぞ!?

 

こう思うと、無職でも隣の芝が青いどころか枯れているようにしか見えない。

就職が決まらないことも、たいしたことではない。

無職の不安は極上のスパイス

とは言っても、不安なものは不安だ。

 

ここであの有名バンド・GLAYのサバイバルの歌詞を引用する。

タフにこの世を生きる為に必要なもの
ちょっとぐらいの絶望も、長い目で見りゃ極上のスパイスを味わえる yes
引用:サバイバル/GLAY│J-Lyric.net

 

無職の不安は、人生長い目で見れば少しくらいの絶望も極上のスパイスになるのさ。

 

不安に不安をかかえて、不安を消そう・隠そうとしてもどうしてもダメ。

就職も全然決まらない。

不安でしかたなくて、消えてなくなりたい…。

 

絶望を越えたらスパイスだったことに気づくのさ。

人生閉じない程度なら、思う存分に不安や絶望を感じるのもアリ!

人生、楽しんだもん勝ち

不安もいっぱいあると思うけどさ、就職したって何したって絶対何かしらの不安や悩みごとはある。

不安や悩みは、尽きることはない。

じゃあなにかって?

 

人生、楽しんだもん勝ち!

 

ということ。では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です