無駄な飲み会なんてしてないで、web発信力を鍛えよう!

The following two tabs change content below.
けい@うなぎブロガー
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。引きこもって稼いで月収3桁越えたことがある。静岡県浜松市出身。今はなぜか農業を手伝っている。浜松・仕事・30代のライフスタイルについて発信します。

どうも、ひきこもリーマンのけい(@keiesuz)です。

会社に所属していると避けて通れない恒例行事がありますよね。
そう、飲み会ですね。

仕事が終わってさぁ自由ダァーーー!
なんて思ったら上司との飲み会。
気分は最悪。

社会人あるあるですね。

で、先日こんな記事が話題になったですよね。

先日、話題になった無駄な飲み会の記事

新卒の者だが飲み会でフライドポテト頼んだら「いつまで学生気分なんだよ」と上司にキレられたんだが
http://hamusoku.com/archives/9569425.html

業務外でこんなことをしているのだから、目も当てられないですよね。
これが自費だったらサービス残業どころの話ではないですよ!
報酬をもらえないどころか、お金を払ってストレスを買っているんですもん。

こんなくそクソみたいな上司にストレスを溜めてまで媚びを売っても、昇給昇進が待っているとは限らない。
そもそも会社が存続するかもわからない。それなのに媚びを売るのって無駄じゃないですか?

少なくとも、飲み会は。

ホッケの炙り焼きを食べながら、僕を昇進させてくれなくていいから上司が焼身にさせてくれないかな、と願うばかりですね。

無駄な飲み会にかかる平均費用・時間

飲み会の平均費用5,000円程度
飲み会の平均所要時間2~3時間程度

つまり平均的な飲み会を週1回やっていたら、月に2万円/8~12時間無駄にしてることになるんですよねぇ。
これが週2回になったら倍の4万円/16~24時間無駄にしてることになりますからね。

それで得るものは、ストレスとレシート…と。
貴重なお金と時間を自己投資じゃなくて、浪費に回してるんだもんなぁ。

飲み会も仕事のうちだ、なんて簡単に言うけどさ

なら飲み会を業務時間内にしてその分、業務時間の開始を遅くして通常業務の時間を減らすくらいはしてよ、と…。
昔は昔はってその時代は飲み会とか無駄なことしてても自動的に昇給昇進がありましたけど、今はそういう時代じゃないんですよ。

昇給昇進の保証もないのにオッサンに媚びを売らないといけないって何の罰ゲームなんでしょう?
自分語りをドヤ顔でして賛同や賞賛が欲しいなら、キャバクラに行ってどうぞ、と思いながらアボカドのお刺身を食べる。
もうね、アホかと。バカかと。

「飲み会 無駄」でtwitter検索をした結果

飲み会を無駄と感じている人は、こんなにいるんですよね。
しかし飲み会が無駄だと感じている人が多いってことは、無駄な飲み会にわざわざ行っている人が多いってことですよね。

なんで無駄と思っているのに続けているの?

彼らには、無駄な飲み会を断って生きていく術がないんですよね。
無駄だと分かっていても、断ったら所属している会社という小さな村社会で生きていけなくなる。

村社会をはぐれてどうやって1人で生きていく?
それが分からないから、断りたくても断れないんですよね。

「付き合い、惰性で参加している、目的のない飲み会は断りましょう!」なんて指南記事はよく見ます。
けど、彼らは断ったら生きていけなくなるんですよ。
生きていけなくなるまではいかなかったとしても、生きにくくなることは必至ですね。

だから飲み会で無駄なお金と時間を浪費し続けるんですよ。
ストレスを溜めるだけで得るものは、ほとんどない。

じゃあ、どうすればいいんでしょう?

断るための生きていく術を身に付けよう

逆に言えば、断っても生きていける術を身に付けられたら、飲み会を断ることが出来るようになるワケですよね。

断っても生きていける術とは何か?
会社以外の収入源を持つことですね!

会社以外の収入源を持てば、その会社で平社員のままでもいいワケだから無駄な飲み会を断っても何の支障もない。
昇給昇進なんて会社の小さな枠組みは、関係ない。
上手く行ったら独立して、その小さな枠組みと晴れて完全オサラバも出来る。

というか、これからはみんながみんな独立出来るくらいの力を付けないとダメなんじゃないかとすら思うんですよね。

もう会社にしがみつく時代じゃない

会社以外の収入源を持つのは難しいですし、独立するなんてもっと難しいんですよ。
だから会社にしがみつく生き方を選択する。今まではそんな選択もアリでした。

しかしこれからは会社にしがみついて生きていける時代じゃなくなります。
AIや外人にどんどん仕事を奪われて、古い体質の会社や典型的な無能な日本人は経済的に疲弊していきます。

けど日本人のほとんどは外国語(主に英語)が出来ないので、日本を飛び出て条件のいい国に移住することも出来ないんですよ。
しがみつくことしかしていなかったら、当然仕事を奪われた時に疲弊した日本国内で労働力の低価格競争をせざるを得なくなります。

そうなるのは5年後だろうか、10年後だろうか?今は若い人たちも、その時は当然今より若くない。
同じ無能なら若い方がこれから育てていける分、若い方を取るに決まっていますよね。
しがみつくことしかしていなかったら、いずれ労働力の年齢競争でも負けることになります。

そう考えると、危機感が芽生えてきますね。

それは分かったけど、何をすればいいんでしょう?

少しずつでいいから、web発信力を鍛えよう!

無駄な飲み会は断って、いや最悪断らなくてもいいんですよ。
空いた時間や浮いたお金で自己投資をして、少しずつでいいからweb発信力を鍛えていきましょう。

web発信力を鍛えれば、個人でお金を稼ぐことが出来るようになりますよ。
もちろん一朝一夕に身に付くものじゃないですけどね。
だけど5年10年スパンで考えれば、少しずつでもちゃんとやって行けば、キッチリ力が身に付きます。

発信力さえ身に付けてしまえば、稼ぐ方法なんていくらでも出てくるんですよね。

とは言ってもwebで発信なんて難しいものじゃない

webでの発信なんて難しいモノじゃないんですよ。
ブログを立ち上げて記事を書く、たったそれだけのこと。

無駄な飲み会に行って愚痴をこぼしているくらいなら、その愚痴すらwebで発信してしまいましょう。
この記事のようにね!

書く内容、稼ぎ方はwebで発信しながら考えればいいですよ。
まずは一歩、webで発信してみる行動して前に進むことが大切!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です