うざい残業はノリで断ろう。やり続けることはリスクしかない。

The following two tabs change content below.
けい@ヒキコモリブロガー( ?ω? )
80年代生まれ元ブラック企業社畜。引きこもり5年目。ブログで新しい道を開拓中。過去に月収100万越えたこともある。しかし今の月収は0。
相談者
残業がうざい!けど断るのは怖い…。
将来不安だし、やっぱり断らないでおこう。

無駄なリスクを取らない!賢い選択!

けい
うざい残業を断らないことって、本当に賢い選択なの?
僕にはそうは思えないけどなぁ。うざい残業なんてノリで断っちゃいなよ!

 

どうも、ひきこもリーマンのけい(@keiesuz)です。

上司にうざい残業を押し付けられて、定時に帰れない人も多いよね。
断ろうと思っても、いざ仕事を与えられると昇給や昇進が気になったり場の空気で断れなかったり。

けど残業なんてノリで断っちゃった方がいい。

うざい残業はノリで断ろう

残業をやりたくないと思ったら、ノリで断っちゃえばいいんだよ。
ヘーキヘーキ、残業断った程度じゃ死にはしないし。

将来が不安っていうけど、残業やりまくったところで企業はクビを切るときは切ってくるからね。

それにサラリーマンって経営者のために時間売って代わりに働いてるんだよ。
経営者のために無駄に時間売って残業して中抜きされる。やってられない。
サービス残業だったらもう中抜きじゃなくて全抜き、ボランティアだよね。

それでも残業、やる?

そもそもなんでうざい残業を断れないのか

どこでも必要とされるような能力がないからだよね。

残業断って空気が悪くなる、最悪クビになる。
仮にそうなるとしてもさ、年収1000万円以上で就業環境がいい転職が控えてたらもはや空気とかどうでもいいよね。

それとか引く手数多の国家資格とか持ってたら、ザービス残業なんて言われた瞬間、仕事辞めて転職するよね(笑)

こういう次に働ける圧倒的スキルや資格がないから、将来の不安に怯えて残業をしてしまう。
そして「空気を悪くしなかった。クビは免れた。」と自分の心をせめてなで下ろす。

けどこれって、実はリスクを取っていないようでリスクしか取っていないんだよね。

うざい残業をやり続けるということは

惰性で決断を避けている状態なんだ。
自分でやりたい!スキル付けたい!って思って自発的にやってる残業ならまだしも、うざいって思っちゃってるんだからやりたくないってことだよね。
それを惰性でやっちゃってる。

能力が付かない無駄な残業だったら断るべき。
プライベートを充実させたいんだったら断るべき。
給料が正当に発生していないんだったら断るべき。

断るべき理由は幾らもあるのに、目先の嫌な決断を避けている。
逃げているだけなのを直視したくないから、賢い選択をしたと自分に言い聞かせている。

惰性で決断から避けることを続けているとそれが癖になってしまって、人生の大事な局面での決断も避けてしまうようになる。
もちろん長い目で見た結果が悪かったとしても、残業を断らなかった時と同じように賢い選択をしたと曲解するようになる。

「惰性で過ごす」というリスクしかない選択を取っているにも関わらず、目先の「決断をしないでいい」という最小のリターンを取って賢い選択と思い込むんだ。

これでは人生、うまくいくものもいかなくなるよ。

キッカケはうざい残業をノリで断ることから

たしかに残業を断るのは、怖い。
それは分かるよ。

けど断ることで、今まで見えなかったいろんな決断が見えてくるし、人生進むよ。

今まで残業でやってた仕事を定時内で終わらせないといけないようになるのかもしれない。
どうやって定時内に終わらせる?人に任せる?誰に?どうやって?

気まずくなって転職するのかもしれない。
いつまでに転職する?どこに転職する?いつ上司に報告する?

けど一発目の残業が断れたんだ、次もその次もノリで行けるよ。
その決断や選択は疲れるしリスクもあるけど、その分リターンもあるんだ。
惰性で過ごした結果、歳を重ねた時に何もないことに気付くなんてことはなくなる。

人生を変える第一歩として、うざい残業をノリで断ることから始めよう!

もう無駄なリスクを取って曲解して自分の胸をなで下ろす生活とはオサラバさ。

けい
残業に限ったことではないけど、ノリで一発目をやってみると勢いがついて人生変わるよ~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です